AGA(男性型脱毛症)治療2

男性ケア AGA(男性型脱毛症)治療
AGA(男性型脱毛症)治療
超音波で目的の場所だけをピンポイントに加熱することができる高密度焦点式超音波治療法
この治療は、血小板が多量に含まれている血漿(けっしょう、英: Blood plasma、プラズマ)を使用して行う治療です。
この治療材料は患者様ご自身の血液から血小板を抽出して作製されます。

血液中に含まれる血小板のグロースファクターが持つ組織修復能力を利用し、本来備わっている治癒力を高めて、治癒を目指す回復医療です。自身の血液を使用するため、非常に副作用の少ない治療です。

タイトル
内容
画像
タイトル
内容
画像
タイトル
内容
画像
男性型脱毛症薬 医療費控除の対象です。 男性型脱毛症薬とは AGA(男性型脱毛症)に有効な内服薬 男性型脱毛症の進行を抑制するための「のみ薬」です。男性型脱毛症薬の成分は本来、前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として異常発毛がみられたことから男性型脱毛症薬の発毛剤としての用途が広がりました。アメリカではこの薬剤はすでに「のむ育毛剤」として認可されている医薬品です。 日本では厚生省の承認がおり発売となった待望の育毛薬です。 AGA(男性型脱毛症)に有効な男性型脱毛症薬は、薄毛の原因となる毛母細胞の働きを抑えるDHTという強力な男性ホルモンを抑え脱毛を防ぐ働きがあります。 服用方法 AGA遺伝子検査でどの程度 効果が期待できるか わかります。 1日1錠を毎日服用します。男性型脱毛症薬を服用して3カ月位で抜け毛が減ってくる等の効果がでてきますが、確認までには6カ月連日の服用が必要です。 服用をやめると再びAGA(男性型脱毛症)が進行し始めてしまいます。継続した男性型脱毛症薬の服用、塗り薬(外用薬)の併用をおすすめします。 改善度には個人差があります。 男性型脱毛症外用薬 男性型脱毛症に有効な男性型脱毛症薬の他に、外用薬もあり医師の診断の上処方されます。 内服薬と外用薬を併用することにより発毛と育毛の相乗効果が期待できます。1日に2~3回、外用薬を頭皮に馴染ませ軽くマッサージしてください。 脱毛症に対して56%の改善率が認められております。 医師の処方が必要な薬剤で薬局では買えません。 医師の指導・処方せんにより正しく使用してください。最近ではインターネット等の個人輸入でも購入できますが、平行輸入品やジェネリック品が大量に出回っていますので医療機関での処方をお勧めします。 男性型脱毛症薬の副作用 男性型脱毛症薬は女性には禁忌ですので、服用してはいけません。また、妊産婦または妊娠の可能性のある女性は、潰れたり割れたりして錠剤のコーティングがとれている内服薬を触ることも避けなければいけません。皮膚を通しても、内服薬の有効成分が体内に吸収されることがあるからです。しかし男性が内服薬を服用していて、女性が妊娠した場合は、特に問題はないと言われています。 料金 医療費控除の対象です。 初診料(初回のみ) 3,000円(3,300円) 男性型脱毛症薬 (1mg) 84錠(3ヶ月) 23,400円(25,740円) 男性型脱毛症薬(1mg) 168錠(6ヶ月) 42,600円(46,860円) ジェネリック男性型脱毛症薬 84錠(3ヶ月) 17,400円(19,140円) ジェネリック男性型脱毛症薬 168錠(6ヶ月) 34,200円(37,620円) ※再診料は無料です。 お問い合わせ

© 2022 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.


フリー

無料ご相談

診療内容

料 金

アクセス