AGA遺伝子検査2

男性ケア AGA遺伝子検査
AGA遺伝子検査
超音波で目的の場所だけをピンポイントに加熱することができる高密度焦点式超音波治療法
この治療は、血小板が多量に含まれている血漿(けっしょう、英: Blood plasma、プラズマ)を使用して行う治療です。
この治療材料は患者様ご自身の血液から血小板を抽出して作製されます。

血液中に含まれる血小板のグロースファクターが持つ組織修復能力を利用し、本来備わっている治癒力を高めて、治癒を目指す回復医療です。自身の血液を使用するため、非常に副作用の少ない治療です。

タイトル
内容
画像
タイトル
内容
画像
タイトル
内容
画像

AGAとは

男性型脱毛症は、
早めのケアが大切です。

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。 
AGAは進行性で、何もせずに放っておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのためにもAGAは早めのケアが大切です。

AGAチェック

AGA遺伝子検査

壮年性脱毛症が進行するか
男性型脱毛症薬が有効かが
遺伝子検査でわかります!

人の遺伝子は生まれながらにして両親より受け継いだ個々のDNAの情報を有しています。これらの情報は生涯変わることはありませんので、検査する年齢に関わらず一回受けるだけでよい検査です。
薄毛が気になる、将来薄毛になる可能性があるかどうか心配な方は、遺伝子検査を受けることをおすすめします。

AGAは遺伝による要因が大きく、家系的に薄毛になりやすい遺伝子を有する両親からは、高い割合でその子(特に男性)に発症します。遺伝子を調べることでAGAの発症の可能性を予測することができます。遺伝子は、生涯変えることはできませんが、自分の体質を知ることは、予防や早期対策を行うためには遺伝子情報を知ることはとても重要です。

しかし、必ずしも実際に薄毛になるわけではなく、薄毛は環境(ストレス・食生活・生活習慣など)による要因も大きいため、生活習慣の改善や適切な対応で、AGAを予防したり、進行を遅らせることができるものと考えられます。

遺伝子検査の内容

AGA遺伝子検査遺伝子の中には、AR遺伝子という脱毛に関係する遺伝子があります。このAR遺伝子の役割は、毛細血管を通じて入ってくる男性ホルモンを受け止めることにあります。

AR遺伝子の塩基配列の繰り返し数(CAGリピート・GGCリピート)が少ないほど、AGA(男性型脱毛症)発症のリスクは高くなると言われています。

AGA 遺伝子検査は、遺伝的判定のため一度受ければ良い検査です。
また、AGAは進行性のため、早めにご自身の病状を知っておく必要があるのです。
現在あまりAGAが進行していない方も、将来の脱毛進行度が判定できますので、
ぜひお早めに検査を受けることをおすすめします。

料金

AGAチェック検査20,000円(22,000円)

※検査は、自由診療(保険診療適応外)になります。


© 2022 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.


フリー

無料ご相談

診療内容

料 金

アクセス