ヒト幹細胞培養上清液療法

エイジングケア 皮膚の新生・美肌再生
ヒト幹細胞培養上清液療法
自由診療(保険適応外)
ヒト幹細胞培養上清液
幹細胞培養上清液とは、ヒトの体内に存在する間葉系幹細胞と分類される幹細胞を特殊な培地で培養し、その培養液から幹細胞成分を取り除いたあとの上澄み溶液のことです。
幹細胞培養上清液には、組織修復に必要かつ細胞増殖、血管新生、免疫調節に関わる「サイトカイン」と呼ばれる様々な種類の生理活性タンパク質が多く含まれています。
これらの成分は、相互に作用して、損傷を受けた組織や細胞を修復・再生し、‟細胞レベルの若返り“を実現します。
皮膚のターンオーバー正常化、代謝向上、ハリの改善、美白効果、くすみ改善などの美容効果の以外にも、組織賦活作用による ストレス軽減、自律神経機能正常化、疲労回復、耳鳴り、腰痛・肩こりの軽減、更年期障害の症状の改善、回復が期待されます。
抗炎症効果も期待でき炎症性疾患である慢性関節リウマチ、潰瘍性大腸炎などの免疫疾患改善も期待できます。
幹細胞培養上清液には
  • 乳歯髄幹細胞培養上清液
  • 臍帯幹細胞培養上清液
  • 脂肪幹細胞培養上清液
が一般的にはよく使用されていますがそれぞれに特徴があります。
乳歯髄幹細胞培養上清液には、神経再生に関係する物質が多く含まれていることから神経痛や脳梗塞による麻痺の改善、認知症改善にも有効性が当院では確認されて改善症例も多数経験しております。
乳歯髄幹細胞は点滴ではなく点鼻による投与も可能であり、医療機関へ通院しなくても自宅でも投与可能という利便性があります。
幹細胞点滴と比較した施術のメリット
  • アレルギー・拒絶反応がありません。
  • 費用が幹細胞点滴と比較して、数十分の一と安価です。
  • 美容、AGA、慢性疲労、ストレス改善、脳梗塞後の麻痺、認知症、癌、慢性関節リウマチ、糖尿病の症状改善など、幅広い効果が期待できます。
  • 即日に治療を受けることができます。
  • 点鼻、点滴、経皮的に投与できいろいろなアプローチが可能。
  • 治療時の痛みがほとんどない。
  • 幹細胞点滴のような肺塞栓などのリスクがない。
  • 多くの医療機関で実施されているため、副作用やリスクの事例が集まっており情報が多い。
導入方法 点滴、顔や頭皮への皮下注入、点鼻。
所要時間 点滴は数分。静脈注射は1分程度、点滴は20分程度。
施術回数 初回から効果を実感される方が多い。
1-2週間毎に5回以上行うとより大きな効果が期待できる。
期待できる効果例と投与方法
点滴 全身のエイジングケア、糖尿病、慢性関節リウマチなど各種疾患の軽減
皮下注入 頭皮下→発毛・育毛・養毛促進。
顔の皮膚→クスミ、しみ・しわ改善、美肌効果。
点鼻 緑内障、脳梗塞後の麻痺、脳の変性性疾患、認知症など
吸入 慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎、新型コロナ後遺症、気管支炎、喘息
施術詳細
幹細胞培養上清液とは
幹細胞培養上清液とは幹細胞を培養して、分泌された成分の上澄みのことです。 幹細胞とは、どんな種類の細胞にもなれる(多分化能)、同じ能力を持った幹細胞をコピーできる能力(自己複製能)を持った細胞です。この幹細胞は、病気やケガをした時などに、患部へ集まり 分化・分裂を繰り返して、細胞を再生して、組織の機能を回復させるという重要な働きをしています。 その幹細胞を培養する際に分泌された成分には、エクソソームや豊富なタンパク質成分が含まれており、そこにはエクソソーム、サイトカインと呼ばれる細胞活性の基となる情報伝達物質が豊富に含まれています。 幹細胞培養上清液には、幹細胞自体は入っていないため、再生医療安全性確保法の縛りを受けず、倫理的問題、遺伝子的問題はありません。
効果
美容
  • 皮膚再生(小じわ、ハリ、弾力、キメ、クスミ)
  • 美白・クマ、肌質の改善
  • 毛髪再生
  • 創傷治癒の促進
  • アトピー性皮膚炎の改善
健康
  • エイジングケア
  • 疾患治療(糖尿病、癌、認知症、脳梗塞後の麻痺、各種炎症疾患の改善)
幹細胞培養上清液の種類
乳歯髄幹細胞培養上清液
ヒトの歯の神経部分(歯髄細胞)から採取した幹細培養上清液。歯という固い組織に囲まれた部分にあるため、外部からの影響を受けにくく非常に良質の幹細胞と評価されています。
主に 脳や神経系疾患の治療に使用されます。
点鼻で使用されることも多い。
脂肪幹細胞培養上清液
ヒトの脂肪組織中に含まれる体性幹細胞から抽出した上清液。
臍帯幹細胞培養上清液
広い疾患に有効で効果が実感しやすい。
副作用・リスク
臨床的には副作用はほとんど報告されていませんが 理論的には アナフィラキシーショックの可能性も。 未知のウイルスの感染が将来的にわかる可能性がある。
有効性がアップする併用治療
「ミノキシジル」や発毛に有効な成分を一緒に直接頭皮に注射もしくはマイクロニードルで注入。
ツリウムフラクショナルレーザー(ラビアン)
ミクロの単位の細かいレーザー光を点状に皮膚に照射してミクロホールを空け数%づつ皮膚を入れ替えて再生させる治療法です。
  • ニキビ痕
  • 傷痕
  • 毛穴の開き
に有効です。
エクソソームという言葉が現在、美容医療の世界ではトピックスになっています。 しかしこのエクソソームの質も製造メーカーや精製法で均一ではありません。 幹細胞培養上清液の中には多くのエクソソームが含まれていてこのエクソソームは内部にマイクロRNAを有しています。 まだまだエビデンスがあるとは言えないのが現状です。 エクソソームや幹細胞培養上清液を使用した単発の論文は散見されます。 臨床的には、認知症、脳梗塞後の麻痺の患者様には劇的に効果が出る場合もあります。 疲労回復や集中力の向上、ストレスケアといった体調を整えるうえでも有効な手段で選択肢の一つになります。 未知のウイルスの混入も理論的には考えられます。 数十年先に身体に何かの変化が現れることは可能性が極めて低いことですが事実です。
国内における幹細胞培養上清液、エクソソーム療法に関する現況と問題点
現在、多くの自費治療を実施する医療機関、特に美容診療を行う医療機関で幹細胞培養上清液の投与が 再生医療ビジネスとして様々な目的で複数の投与法で実施されています。 幹細胞培養上清液の関心の高まりが美容医療ビジネス、再生医療ビジネスと結びつき多くの幹細胞培養上清液を販売する法人が国内で乱立しています。 再生医療等安全性確保法とは無関係として手軽に行える再生医療、高額な収益が見込める、話題性、短時間での治療が可能など取り扱う医療機関にとって多くのメリットが見込まれ 幹細胞培養上清液を使った治療を導入する医療機関が急増しています。 先日開催されました第111回 日本美容外科学会においても 3つの演題、特別講演が行われ注目を集めていました。 幹細胞培養上清液の普及に反して 安全性や倫理的な問題も浮上しており製剤の原料となる細胞の調達方法、製造方法、保管方法、販売方法も各メーカーや販売者が独自で実施しているのが現状であり 医療機関側もその内情や安全性は熟知しておらず 名前だけが先行し 効果や問題が起こった時の責任の所在も明確ではありません。 2重盲検試験など大規模な臨床治験も実施されておらず 投与試薬、投与法、投与量、対象も一定の基準が整備されておらず 医療機関独自の投与法やメーカー推奨の投与法で行われているのが現状です。 つまりエビデンスは現状では全く無く、タケノコの如く幹細胞培養上清液を取り扱う企業が乱立し それぞれの優位性を独自の分析手法でデータを提示してPRしています。
国内では主に
  • 脂肪幹細胞培養上清液
  • 乳歯髄幹細胞培養上清液
  • 胎盤幹細胞培養上清液
  • 臍帯幹細胞培養上清液
が幹細胞培養上清液として販売され その形態も フリーズドライ、冷凍保存等各種存在します。 最近話題の 『エクソソーム』と混同されて幹細胞培養上清液がPRされるという問題も生じています。 有効性のエビデンス、安全性、質の担保がされていないばかりか、独自の社団法人の協会まで立ち上げ幹細胞培養上清液投与を推奨する団体も存在しています。 https://japan-saisei.org/about/  幹細胞培養上清液を販売する企業に対して 理不尽な値引きを強要したり 質や安全性は度外視した安価な幹細胞培養上清液を購入して派手な広告宣伝を実施して高額な治療費をとって大量投与を行っている美容外科クリニックも存在します。
  • 製剤の安全性、品質、検査手法
  • 投与量
  • 投与間隔
  • 投与法
  • 投与目的
なども一定の基準も無く営利を優先した医療機関独自のマニュアルで実施していますクリニックも少なくありません。 幹細胞培養上清液、エクソソームの製剤に関しましては、厚生労働省の認可薬剤ではなく あくまでも医師が自分の責任下で患者様へ投与する試薬になります。 このため治験や大規模な臨床試験などは一切実施されずメーカーは in vitroつまり試験管的なデータのみで エクソソームの量やサイトカインの量などを分析、医療機関へ提示しているだけです。 残念ですが、エクソソーム点滴による死亡事故が複数発生しています。 幹細胞培養上清液に関する死亡事例の発生について 現段階(2023年10月29日)では、詳細な原因やエクソソームとの因果関係は報告されていませんが、重大な事故でありメディア報道もあるべきで 本来であれば事故調査委員会が直ちに設置され 死亡事故の徹底した原因究明と再発防止を実施し関連機関への報告が必要と考えられます。 私は、大きな可能性を期待できる幹細胞培養上清液、エクソソーム療法を自らも受け臨床として診療に慎重に取り入れていく意向ですが、誇大広告やありえないような低価格での広告での集客を実施して質の低い、安全性など全く担保されていない試薬を投与する美容外科クリニックの存在、営業手法に危惧しております。 このままでは、有効性も期待できます幹細胞培養上清液を使用した各種治療も 厚生労働省からの規制も考えられ 使用が制限される可能性もあります。 このような幹細胞培養上清液に関する情報を 正確に把握分析して 現在の問題点や今後の方向性を十分吟味することで 幹細胞培養上清液ビジネスへのリスクマネージメントが実施できると考えます。 最近では美容分野で 化粧品会社も幹細胞化粧品、エクソソーム含有コスメと名うってPR  している商品も目立つようになり医療分野以外にも幹細胞ビジネスがにぎわっています。
料金
乳歯髄幹細胞培養上清液
カクテル点滴 1V 90,000
99,000
カクテル点滴 2V 110,000
121,000
カクテル点滴 3V 150,000
165,000
カクテル点滴 5V 200,000
220,000
点鼻 1V 80,000
88,000
点鼻 2V 100,000
110,000
臍帯幹細胞培養上清液
カクテル点滴 1V 80,000
88,000
カクテル点滴 2V 100,000
110,000
カクテル点滴 3V 140,000
154,000
カクテル点滴 5V 180,000
198,000
点鼻 1V 70,000
77,000
点鼻 2V 90,000
99,000
※単位は¥です。
※治療は、自由診療(保険適応外)です。

© 2023 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.


フリー

無料ご相談

診療内容

料 金

アクセス