Reading Time: < 1 minuteワキガ治療後の瘢痕の相談は少なくありません。 手術を行って切開創がたとえ小さくても皮膚を剥がした痕が醜い瘢痕や粉瘤や 毛穴の拡大による角栓のつまりで醜い状態になることも少なくありません。 現在、ワキガ治療はメスを使用しない ダウンタイムが無い治療としてかなり過大にPRされて看護師が施術を行う流れになってきています。 長期的に施術を実施した患部を経過観察すると 瘢痕化したり粉瘤が発生したり、角栓が目立つような痕になるケースも少なくないのです。 このような状態は外科的な治療以外では改善することはありません。 ワキガ手術後の瘢痕、メスを使用しないワキガ治療後の瘢痕は美容外科的手術とフラクショナルレーザーによる皮膚再生医療でかなり改善します。 あきらめないでご相談いただけましたら幸いです。 名古屋の 美容外科、美容整形、ワキガ治療、多汗症治療、プチ整形、ホクロ除去、傷跡治療、しわ、たるみ治療なら さかえクリニックへご相談ください。