名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら さかえクリニック

開院25周年サイトリニューアル記念

開院25周年サイトリニューアル記念
開院25周年とサイトリニューアル記念のダブルの感謝をこめまして
人気のメニュー、プチ整形を期間限定で全員の方に
施術項目:鼻・目袋(涙袋)形成・顎(アゴ)・小顔(エラ)・リップ・ガミースマイル
2021年12月4日から2022年3月31日まで
2021年12月4日

2022年3月31日
来院時にネットでキャンペーンをみたとお伝えください。
MAIN TREATNMENT おもな施術
ALL TREATMENT
pick up contents
pick up contents
傷の処置は、特別な医療用材料を使用しなくても、必要十分な対応が可能です。
  • 傷は消毒しない。
  • 傷には、直接ガーゼを当てない(被覆材の上からはOK)。
  • 傷はすぐに水道水で洗う(できる限り異物を除去する)。
  • 絆創膏の使用は閉鎖性のもののみとする(傷を乾燥させない)。
  • 傷は食品用ラップで覆う(ワセリンを塗ってもよい)か、医療用被覆材(最近は薬局でも手に入る)ですぐに覆う(この上からガーゼや保護材を覆うことはよい)。
  • 傷の処置の準備として、ビタミンC誘導体ジェルを塗布する(市販のドクターズコスメで燐酸アスコルビン酸Naが含まれているもの)。ビタミンC誘導体には、線維芽細胞の働きを高め傷の治癒を促進し色素沈着を抑制する効果があります。驚くほどの治療効果が得られる場合もあります。
  • 出血は単純に圧迫。
  • 刺創、深い切創、異物の混入、組織の大きな挫滅があれば、すみやかに専門医療機関を受診する。
  • 傷にクリームは絶対使用しない。クリームは界面活性剤であり、細胞障害性があるため傷に塗ってはいけない。
  • 原則、翌日からシャワー、入浴を許可。創面を濡らしても問題はない。
  • 他人の傷を処置するときは必ず、感染防止のためディスポーザブルの手袋(清潔なものでなくてよい)をつけて行う。素手で他人の傷のケアを行ってはいけない。
pick up contents
当院では順天堂大学医学部大学院で最先端医療の研究を行う 院長の末武信宏が、美容外科治療の術後のお悩みにお答えします。 美容外科手術で醜い傷跡が残ってしまったり、治療後の経過で不安な状態でお悩みの患者様へご相談・診療を行っております。 傷痕治療には保険が適応されたり、医療費控除が適応される場合もあります。 丁寧な診療を行っています。お気軽にご相談ください。
最新ニュースとお知らせ

2022年度 新規スタッフ募集

Reading Time: < 1 minute 最先端美容医療サービスを提供する私たちと一緒に働きませんか! 給与 月給 21.0万円〜40.0万円 残業代別途、報奨金制度あり <試用期間あり> 1か月~ 3ヶ月 / 時給 1,000円以上 店舗名・勤務地 ・さかえク […]
コメントなし

サイトリニューアル記念!
コスメ+マスク+消毒ジェルセットをプレゼント!

Reading Time: < 1 minute サイトリニューアル記念に 初回カウンセリング時に「ホームページみた」の合言葉で、 コスメ、マスク、消毒ジェルセットをプレゼントさせていただきます。 ぜひご来院ください。 お待ちしております。
コメントなし

ワキガ・多汗症治療のポータルサイト

Reading Time: < 1 minute ワキガ・多汗症治療に関します ポータルサイトの制作を行いました。 臭いで悩む患者様、多汗で悩む患者様への情報サイトです。 間違った情報や 偏った情報で 汗や臭いのお悩みの改善治療を考えるときに 後悔しないための 真実の医 […]
コメントなし

緊急事態宣言解除についてさかえクリニックの対応

Reading Time: < 1 minute 緊急事態宣言が解除されました。 当院では新型コロナウイルス対策を強化し 通常診療に戻し従来の診療を再開します。しかし、院内感染を完全に防ぐため引き続き下記の診療形態を継続させていただきます。 患者様同士の接触を減らす為、 […]
コメントなし

脱毛の秘訣監修させていただきました。

Reading Time: < 1 minute 脱毛の秘訣 多くのエステサロン、医療機関で脱毛が行われていますがその違いをよくご存じない方も多いようです。 脱毛の費用も安く見えて実際 エステサロンなどに行くと アフター処理に使用するケア商品や化粧品を高額に購入させられ […]
第 7 回
“ホクロやイボについて、いろいろお聞きします”
Aさん : ホクロやイボを取るときはどんな麻酔をするのですか?
Dr.Suetake : 患者様は、ホクロやイボを除去されますご相談時には 傷痕以外に 治療中の痛みや麻酔の痛みを気にされます。ホクロ除去にはキシロカインという麻酔剤による局所麻酔を行います。局所への注射です。男性は女性と比較しまして痛みに弱いため 当院では、麻酔時の痛みが極力軽減できるよう局所麻酔剤を院内で製造しています。殆んどの医療機関では 局所麻酔はキシロカインという商品名の塩酸リドカインという薬剤を専用注射器でホクロ除去部位へ注射して行います。 このキシロカインは、濃度は0.5%、1.0%、2.0%が主として美容外科クリニックでは使用されていますが 酸性のPHであり濃度が高いほど生体のPHとの差があり注射時の局所麻酔剤の拡散痛が強く感じてしまいます。当院ではキシロカインが0.2%になるように濃度調整を行っています。メイロンというアルカリ性の薬剤を混ぜて麻酔麻酔剤が生体のPHに近づくように中性になるように調整しています。これによって注射時、痛みは大幅に軽減されます。また、注射時の針が太いほど皮膚への刺入時の痛みは強くなるため 30Gから34Gと極細の針を使用して麻酔を行いますので、通常の太さの針で局所麻酔を受ける時よりも大幅に痛みが少なくなります。 麻酔の方法や薬剤にも配慮が必要で、美容外科で自費でホクロ、イボ除去を行う場合は、高度な知識、技術、繊細な配慮で実施します。切除すればよい、液体窒素で治療すればよいといった従来の保険診療の枠を超えました、美容目的でホクロの除去を行う時は、患者様へ最高の医療サービスを提供させていただいております。
Aさん : ホクロ除去は炭酸ガスレーザーが最新治療でしょうか?
Dr.Suetake : 違います。炭酸ガスレーザーによるホクロ除去はすでに30年ほど前から行われてきました。レーザーというと最新、最先端のイメージがあるため美容クリニックでの集客でPRとしてよく使用されているキーワードですが実際は違います。 レーザーにも光の波長によって多くのレーザー機器が開発されています。 ルビーレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザー、ダイオードレーザー、ツリウムレーザーなど。 炭酸ガスレーザーはこれらレーザーの中でも最も初期から開発され、主に皮膚切開やホクロ除去、腫瘍除去で使用される目的で開発され実際の臨床現場で広く使用されてきました。 私も30年ほど前はホクロ切除に比較して炭酸ガスレーザーでホクロが除去したほうが傷跡が目立たないということで治療に使用していました。 当時は日本赤外線工業社製を使用していました。 その後、様々なメーカーから炭酸ガスレーザーが開発・販売されてきましたが基本原理、性能も大きく変わっていません。 当院ではサージトロンによる高周波によるホクロ組織蒸散か 浅い部分の色素性母斑にはツリウムレーザーによる蒸散法を実施しています。炭酸ガスレーザーと同じ赤外線領域にあるツリウムレーザーですが、周囲への組織ダメージも少なく綺麗に除去できます。 炭酸ガスレーザーは、繊細な調整ができない場合もあり使用しません。取り放題でホクロを除去しています美容クリニック、美容外科クリニックがありますが、レーザーを照射して短時間で終了することもあり手間が省けるとの理由で治療を実施されているようですが 醜いホクロ除去後の瘢痕が熱傷痕として多数、残ってしまってホクロ除去跡のご相談に数多くの患者様がご来院されます。 皮膚科医の先生方やレーザー初心者、美容治療初心者の医師には炭酸ガスレーザーは入門編としては良い治療機器かもしれませんが。 全てのホクロ除去治療に安易に炭酸ガスレーザーでホクロの組織を蒸散させることは、控えた方が良いかもしれません。 炭酸ガスレーザー治療だから 最新 綺麗に除去できる ということは現在医療では疑問です。治療担当する医師の技術も、術後のケアも総合的に判断してホクロ除去の治療を受けていただきたいと思います。
Aさん :盛り上がったホクロは治療が難しいでしょうか?
Dr.Suetake : ホクロ除去は、扁平なホクロの方が治療が困難です。盛り上がったホクロの方が治療が容易で一般的に傷跡が残りにくいと言えます。 盛り上がったホクロは基本的には盛り上がった部分のみを炭酸ガスレーザーもしくは高周波の熱エネルギーによって蒸散させて消失させます。抉って色素を除去する必要が無いことが多くホクロ以外の組織ダメージは最小限に抑えられます。 平坦で盛り上がっていないホクロは色素が真皮の深い部分に存在していますとその部分まで熱を加えて組織を蒸散させる必要があります。いわゆる傷が深くなるのです。 抉れたようになってしまうと陥凹や逆に瘢痕として盛り上がってホクロ除去後の傷痕が醜くなってしまいます。これは絶対に避けるべきなのです。 ですから、一般的には盛り上がったホクロで色が肌色なホクロを除去する場合は全くと言って傷跡が残らないこともあります。
Aさん :ホクロを除去する時、取れない身体の部分はありますか?
Dr.Suetake : 基本的に身体のどの部位も除去可能ですが、除去後の傷痕が確実に残り目立つ部位の除去は悪性を疑わない限りお勧めしません。 胸骨上、肩 は除去した直後は傷跡が目立たなくても緊張がかかる部位ですので必ず傷跡が盛り上がってきます。緊張が皮膚にかかると周囲から傷跡の部位が引っ張られ抵抗しようと肉芽を形成してしまうのです。 他にも唇の上、頬骨の上、下顎部が盛り上がりやすい部位としてホクロ除去の場合は要注意な部分です。
Aさん :部位によっていろいろちがうんですね!
名古屋でしみ・しわ・たるみ・ほくろ。ワキガなど美容外科・皮膚科・形成外科のことなら「さかえクリニック」にお任せください。
院長が行う、ワキガ・多汗症治療のEL法はお子様から高齢者まで施術できる治療です。お悩みがあれば、まずはお気軽にご相談ください。
さかえクリニックでは、院長の私自身がエイジングケアを自ら受けて家族にも施術できる、医療サービスのみを提供させていただいております。さかえクリニックは多くの研究機関と提携して、自律神経・エイジングケアの研究を行っております。
当院の診療を受けていただく全ての患者様へ、親身に診療させていただきます。
私、スタッフ一同、日々研修と研究に邁進しております。何卒、よろしくお願いいたします。
名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科
保険医療機関
さかえクリニック
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-5-21 錦HOTEIビル2F
電車でお越しの方
地下鉄桜通線/名城線「久屋大通」駅 4B出口より徒歩1分
地下鉄東山線「栄」駅 3番出口より徒歩4分
JR・名鉄・近鉄名古屋駅からのアクセス、地下鉄桜通線「名古屋」駅より乗車いただき(乗車時間6分程)、地下鉄桜通線「久屋大通」駅下車していただき6Aまたは、4B出口より徒歩1分

© 2021 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.