医療コラム
   
レーザー治療によるやけどの刑事事件の背景
レーザー治療によるやけどの刑事事件の背景
Reading Time: < 1 minutehttps://news.yahoo.co.jp/pickup/6409686 最近、美容クリニックでの施術トラブルの報道がありました。 この内容には間違いもあり 私見を述べさせていただきたいと思います。 レーザーでのトラブルとニュースで文章が記載されていますが実際はレーザーでしわやたるみの治療は殆んど行われていないため 高周波による電気エネルギーの治療であると予想されます。文章内にも高周波という言葉がありますが 高周波であればサーマクールのような単極の端子から熱エネルギーを発生させ真皮のコラーゲン生成を図りたるみやシワの治療を行うシステムが使用されていたのではないかと考えます。 しかし、現在では頸部のしわ、たるみ治療の主たるシステムはHIFUと呼ばれます超音波を高密度に焦点に集め熱を発生させて真皮や筋膜のタンパク変性を惹起させ引き上げる治療法になります。 ネットではHIFUによるトラブルではないのか?との記載も多くその真相は未だ不明です。 未承認機器の使用とありますが、未承認機器を美容治療で使用することは違法行為であ貼りません。むしろ国内では美容医療においては未承認機器での美容治療がその多くを占め もし未承認機器の美容医療器が違法となれば 美容クリニックの経営も美容診療も成り立たなくなってしまいます。 医師が個人の責任において未承認機器である美容医療機器を国外から輸入して治療を行っているのが日本の美容医療の現状でもあるのです。 未承認機器を使用したから悪い、未承認機器を使用したから警察の家宅捜査が入ったという印象になってしまう報道内容は危惧しております。 この事件の問題点は。 1:看護師が施術を行ったこと 2:看護師への指示や術後のチェックが確実に行われておらず医師の管理下で行われたとしても 不十分であたこと なのです。 警察が医療事故として死亡事故以外に医療機関へ家宅捜査に入ることは、異例であり 患者様からの被害届け、刑事告訴が診断書などを添えて具体的な証拠とともに警察へ提出されたことが想定されます。 もしくは、他にも同様な被害者が存在して同様のケースが複数存在するか、現在の患者様への医療機関の対応が極めて不適切だったことが想定されます。 いずれにしましても この問題は決して家宅捜査を受けた医療機関だけの問題だけではないと思います。 当院にも本来であれば医師が必ず施術すべきレーザー照射やHIFU照射を他医院で受けられ熱傷を受けられたトラブルの患者様のご相談も相当数あります。 いかなる施術でもリスクが少しでもあれば医師が必ず施術を行うべきであり その輸入代行業者やメーカーも看護師が治療を行う事前提で美容医療器販売を行うべきではないと考えています。グレーゾーンが多い美容医療をもっと社会的に安心して多くの方々が受けられるよう 今回の事件はしっかりと事実を注視していきたいですね。 当院では、開業以来、全ての施術を院長である私が責任を持ちまして最初から最後まで必ず施術を行っています。
   
美容外科手術に隠された恐ろしい医療行為 その2
美容外科手術に隠された恐ろしい医療行為 その2
Reading Time: < 1 minute

~美容外科死亡事故の原因は? その実態を探る ディスカウントされた美容外科手術に隠された恐ろしい医療行為~

美容外科、美容皮膚科診療ほど価格が各クリニックにおいて差がある医療はありません。 ある美容外科では二重瞼手術が18万円、ある美容外科では9800円、ボトックス注射がある美容外科では1か所3000円、ある美容外科では3万円。 この差は何でしょうか? ローコスト・ロークオリティ美容外科ビジネスが本来の美容外科医療の未来を破壊しているような気がします。 PRP療法を3万円で行う。 キットが3万円以上するにもかかわらず・・・ この仕組みは、当然、キットの質を極限まで低下させ、本来行うような手順を踏まない。 歯科用の実際効果がないキットを使用したり単純な採血管を使用したりする美容外科クリニックが存在します。 もちろん、効果はほとんど望めません。 さらに大きなリスクが施術の裏には隠されているのです。 最近、クリニックにディスカウント美容医療を売りにしている急成長を遂げた美容外科クリニックでフラクセル2というシステムの施術を受けられ2週間以上も火傷のような赤味、腫れ、痛みが継続して本当につらい思いをされた患者さまが相談にご来院されました。 その患者さまの顔には色素沈着が存在して当然、期待された効果は全く感じられません。 雑誌広告でディスカウント価格につられて施術を受けられたことを後悔していました。 驚くことにその美容外科クリニックでは施術の説明も医師ではなく 看護師が行っているのです。 フラクショナルレーザーはダウンタイムも考えられ美容皮膚科診療でリスクも少なくない治療の一つです。 医師の管理下であっても医師の資格を持たない者が治療をフラクショナルレーザーを患者さまへ照射して行うことは医師法でも許されていません。 明らかな医師法違反行為。 施術費用をディスカウントして集客するために考え出された恐るべき行為です。 この施術と機器に関して 販売代行メーカーに問い合わせると なるべく医師に施術していただくように伝えています。・・・との回答。 なるべく ではなく絶対に医師が行うリスクのある治療ではないかと問いただすと担当者はまずいと思ったのか…まあ、そうですね。と言葉を濁しました。 フラクショナルレーザーの正しい照射を看護師が行えることは絶対にあり得ないことです。 なぜなら診断も行いながら照射を行い、その皮膚の反応を見たうえで設定パワーの変更や照射密度、パスの変更を絶対行うべき治療だからです。 いかなる看護師も皮膚の反応まで適切に診断を下して治療システムの操作ができる者はいないのです。 器械が売れればあとはどのような使用法、誰が使用しようと勝手。ではあまりにも酷いと考えるのは私だけでしょうか。 クリニックでの美容医療の質を落とさないようにするには責任をもって専門医が慎重に施術を患者さまを診察しながら丁寧に行う必要があります。 そうすると1日で診療を行うことができる患者さまの数が限られてきます。 当然、経営上 美容治療費が一定の額になってしまうのはやむをえません。 地元月刊誌に派手にディスカウントを謳った広告が多数掲載されていますが、当クリニックの方針としまして絶対に同様な広告やPRは行うべきではなく医療法第69条も遵守して過大な広告やPRは慎むべきと考えます。 地元医療崩壊が叫ばれる中、安易に美容医療へ医師が流入して未熟な経験で高額な報酬を得るため 質の低い美容治療を行うことを行政やメディアもしっかり警告する必要がある時期に来たと思います。 最近、特にディスカウント美容医療を受けトラブルを起こされ悩んでいる患者さまの相談が急増しました。 このコラムを読まれた患者さまが美容医療を受けられる前に慎重に考えられる時間をもっていただけましたら幸いです。 医療はディスカウント優位であってはいけません。 医療は患者さまに対して、絶えず身内にも行えるレベルでのサービスを常に提供し続けるべきと考えております。
   
美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 (特別コラム)
美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 (特別コラム)
Reading Time: < 1 minute

~ 美容外科死亡事故の原因は?その実態を探る。ディスカウントされた美容外科手術に隠された恐ろしい医療行為~

!!!緊急コラム!!! 先日、大手美容外科チェーン S美容外科クリニックで死亡事故の報告を各メディアが報じました。昨年も2例の死亡事故、S美容外科ではこれまでにもすでに多くの美容外科手術による死亡事故が起こっています。 業界では有名な、マニュアル化された医療の質の徹底的な削減を行いディスカウント美容外科手術を行う有名クリニックグループです。 経験ある美容外科専門医は絶対に採用しませんし、学術的勉強会や意見交換は一切行わせないことでも有名です。 また、極端な雑な手術を行うことでも有名な美容外科クリニックです。 もちろん、この美容外科グループに所属する医師達が学会で発表したり学会参加を行っているケースはほとんどありません。 正当な美容外科医療を決して学ばせたり導入することはこの美容外科グループにとって不利益になるためです。 つまり患者さまのメリットではなく経営サイドのメリットのみを企業追求した ローコスト、ロークオリティ、収益獲得ビジネスモデルが出来上がっているのです。 この美容外科クリニックグループ出身で自ら美容外科を開業している医師達も同様の集客法や手術法で美容外科クリニックの運営を行うことが多いようです。 私のもとへは、S美容外科で手術を受けられた患者さまのみならずS美容外科出身医師に手術を受けて極めて不自然な状態になって修正に来られる患者さまも少なくありません。S美容外科で学んだり経験したことが最高ですべてであると認識して同様な美容外科手術を行う自称美容外科専門医。 自らをカリスマと称されている医師も出ているようです。 脂肪吸引手術では100人の手術を行って100人全員が本当に満足しているのでしょうか? S美容外科の経験が現在の美容外科手術水準と比較していかなるレベルでしょうか? 手を抜いてローコストにすることは、患者さまにとって金銭的メリット以外大きなリスクとなってのしかかります。 S美容外科は最高の技術と広告で派手にPRを繰り返していますが、最高の技術を持った医師が極端な低価格の手術費用でしっかりしたアフターケアを拒否して最低価格の医療材料のみを採用する美容治療を行うことはありません。 日本美容外科学会も日本美容外科医師会もこの美容外科クリニックを最高の技術を持っているとは決して評価しておりません。 S美容外科クリニックで大きなトラブルを起こされ修正を行うことになった患者さまを数多く私の友人の美容外科医たちも経験しております。 今回の脂肪吸引による70歳の女性の死亡事故。重く受け止めるべき事件です。 70歳という高齢に脂肪吸引を勧め行うことがはたして 正当か? アフターケアも無視する行為が正当か? 血液検査や心電計による検査など手術前に必要な検査が行われていたのか? 経験なる医師が厳重なる管理の下、適切な手術が行われたのか? S美容外科から 満足な回答が得られることはないような気がします。 S美容外科以外にも2009年、大きな事故がディスカウントを売りにした関東圏の美容外科グループで起こりました。 美容外科専門医も指導医も存在しないにも関わらず派手に広告でPRを行い集客し雑な麻酔行為を行い起こった事故のようです。 ディスカウント医療にメリットはあるのでしょうか? リスクを患者さまは本当に理解しているのでしょうか? これまで美容外科による医療事故の多くは価格競争で医療の質を落とした美容外科クリニックで起こっている事実があります。 おそらくS美容外科クリニックを含めてディスカウントしたローコスト美容外科手術を行っている美容外科クリニックの死亡事故の実態には驚くべき数と内容が隠されている可能性があります。 今後の美容外科の発展にも今一度、医療の質をしっかり見極め 我々美容外科専門医も患者さまの立場に立った安心できる医療を提供する必要がこれまで以上に要求されることでしょう。 美容外科医として正当な技術・知識そして経験、いかなるトラブルが起こっても確実に対処できる能力がなければ手術を控える謙虚さも必要ではないでしょうか。 美容外科は怖い、美容外科はとんでもない医療行為だ、美容外科医は反社会的医療だとの認識が広がらないことを願っております。
   
美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No.20
美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No.20
Reading Time: < 1 minute

美容外科医の能力と美容外科手術縫合創のケア

美容外科医は、美容外科手術が上手だけではプロではありません。 美容外科手術でできてしまった縫合創をいかにキレイに治すことができるかという業務も必須です。 いわゆる最後の仕上げです。 傷跡を残さない縫合のプロは全ての外科系医師の中で最もプロフェッショナルなはずです。 しかし、本当に実際、美容外科医の多くは患者さまの傷跡に細心の注意を払ってケアしているでしょうか? 細かく縫合すれば縫合創がキレイになると考えている美容外科もいます。 細かく縫合してはいけない部位もあります。 細かすぎると縫合創の血流循環が悪化して縫合部位が開いてしまいかえって傷痕が汚くなることがあります。 手術後、縫合創へ念入りに消毒を行う美容外科医がいます。 消毒は傷への毒であり縫合創へ対して絶対に行ってはいけない行為です。 内科、精神科、小児科、皮膚科など外科系以外の科から転科してきた自称美容外科医に多い行為です。 縫合創への消毒行為により傷が開いて治癒が大きく遅れることがあります。 もっと、酷い行為は、ガーゼやソフラチュールを縫合創へ直接貼る行為です。 縫合創が乾燥して治癒が大きく遅れます。 ましてやガーゼやソフラチュールをはがすとき出血し痛み、傷口が開いてしまうリスクが高まります。 さらには、ステロイドクリームを縫合創へ塗りつける美容外科医。 クリームには界面活性剤という刺激物質が含有しており間違いなく傷が悪化します。 止めは、溶ける糸で縫合する美容外科医。 ありえない行為です。 特に包茎手術にもう来なくていいよ!と通院不要をうたい文句にする医療機関で行われています。 溶ける糸は抜糸不要だからです。 しかし、この糸が創部に残存することで確実に周囲の皮膚へ炎症を引き起こし縫合創は汚くなります。 常識的な知識とモラルを持ち合わせた美容外科医は絶対に使用しない縫合材料です。 美容外科手術後の縫合創の醜さで悩んでおられる患者さまは数多く存在します。 創傷ケアの知識も無い、知識があっても時間的ロス、費用的ロスを考えてあえて実行しない美容外科医も存在します。 高額な美容外科治療費をお支払いいただいている患者さまには最高レベルの縫合創のケアを受ける権利は当然に存在しますが、縫合創まで気を配っておられない場合が多いようですね。 今では多くの新しい被覆材が発売されておりこれらによって飛躍的に創傷治癒が高まります。 入浴制限も必要ありません。 手術後、1週間は入浴しないでくださいね。 ととんでもないことを伝える美容外科医。 48時間で縫合創は上皮化しますので3日目からは普通に入浴可能です。 創部は、シャワーで洗浄したほうが汚れも取れてかえって感染のリスクが低くなります。 入浴して感染を惹起したケースを私は一度も見たことがありません。 縫合創に消毒したり、ガーゼで縫合創を直接覆ったり、ソフラチュールを使用したり、長期の入浴制限をする美容外科医がいたら要注意です。 縫合創は自分で守らなくてはならないこともあります。 使用する糸、被覆材料、処置法、などなどで 手術の傷は驚くほど変化します。 是非、この縫合創のケアを手術を受ける患者さまの知識としても知っておいて欲しいです。 20年の美容外科医としての経験から正しい縫合創のケアの普及に今後も務めてまいりたいと思います。
https://www.sakae-clinic.com/wound/index.html
   
美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No19
美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No19
Reading Time: < 1 minute

恐怖のクレーマー患者様

美容外科診療では理不尽なクレーマーからの攻撃的で執拗なクレームも対応する必要があります。 クレーマーは最初から無料で美容治療を受ける目的で施術後にクレームをつける場合と途中から自分の気が変わって理不尽な要求を医療機関へ突きつけ治療費の返還を要求する場合があります。 いずれにしてもこういったクレーマーは医療機関以外の店においてもさんざん使用した商品の返品、返金を要求する場合が多いようです。 ホテルにしましても百貨店にしましてもクレーマー対策マニュアルが存在します。わずかなミスでも因縁をつけ宿泊料金をタダにしたり見舞金を請求するケースです。 残念ですが、私どものような個人のクリニックにおきましては患者様を最初からクレーマー扱いにすることは絶対あり得ないので十分な対策を講じておらずクレーマーの餌食になることがこれまでもありました。 特に医療という立場にある人間をターゲットにしたクレーマーが現に存在するのです。 シミの治療で完全にとれないから治療費を全額返還しろ。と執拗に要求する患者様がいました。 治療費用に関しましてもさんざん ディスカウントさせキャンペーン価格で施術を受けたにもかかわらず 治療後に返金を求める計画的なクレーム?と疑わせます。 「完全にシミがとれるとカウンセリングを受けたにもかかわらずシミが取れていない!」 ととんでもないことを口にします。まず、医師として完全にシミが除去できる確約をすることはありません。 なぜなら肝斑のように消失は極めて困難でコントロールするしかないシミもあるのです。また、薄くなるだけでも十分有効である場合も少なくありません。 わずかでも残ったシミに対して攻撃的なクレームをつける常套手段のクレーマーが存在します。 スタッフの対応が悪い、説明不足だ、費用が高すぎる、言っていることが違う などと自己に都合のよいことを一方的に主張して譲りません。中には脅迫めいたクレームをつける患者様も存在します。 これまでは、こういった理不尽な患者様へも時間を割かれるリスクを恐れ返金に応じなければならないかなと考えておりましたが、医療機関としてしっかりご説明させていただき、資料もお渡しして、現在医学で有効とされる治療を行い問題がなければ決して 理不尽なクレームに屈することはありません。 医療トラブルというと医療機関や医師側のミスや過失が取り上げられますが、クレーマーという異常な粘着気質を持っている患者様が存在する事実もあるのです。 以前、診断書を知人の医師に偽造させ返金を要求させたケースがありました。 クリニックの顧問弁護士を通じ 偽造診断書を提出した医師を刑事告訴する旨を伝えたところ態度を一変させ、理不尽な要求はなくなりました。 クレーマーにはまず、ホスピタリティを持って、納得できる再治療などをご説明し納得していただくことを優先させますが 理不尽な要求を繰り返したり脅迫ともとれる行為を行った場合は残念ですが、法的な対応をしなければなりません。 医師は患者様の健康や診療に置けます安全を保障し守る義務がありますが、自分の身をクレーマーという恐怖からも守らなくてはならないということが実際の事例から体験しました。 こいったクレーマーに多くの時間を割いて他の患者様への診療がおろそかにならないように 医療機関としてのクレーマー対策も必要な業務であることは残念でなりません。