ハイパービタミン点滴2

エイジングケア ハイパービタミン点滴
ハイパービタミン点滴
自由診療(保険診療適応外)
ビタミンCの抗酸化効果・エイジングケア効果

ビタミンCは、自分が酸化されることで強力な抗酸化作用を発揮しますが、その際に多量の過酸化水素を発生します。ハイパービタミン点滴が血中に投与された時、正常な細胞は過酸化水素を中和できますが、ガン細胞はこれを中和できずに死滅してしまいます。つまりハイパービタミン点滴はガン細胞には「抗ガン剤」として、正常な細胞には活性化作用としての働きがあるのです。 また、通常の抗ガン剤でありがちな正常な細胞への毒性・ダメージがないため、副作用の心配がないのが特徴です。

現在、ガン治療の新たな補助療法・代替療法として、またウイルス性疾患の予防や、細胞の活性化による効果がエイジングケアに用いられている治療法です。

経口剤によりビタミンCを大量に摂取しても、一定以上の血中濃度に達することはできません。ハイパービタミンを点滴により直接投与し、血中濃度を一気に上昇させることで、体内に様々な有効効果がもたらされることが確認されています。

こんなお悩みの方に
内容
画像
ハイパービタミン点滴の効能
内容
画像
料金
内容
画像
よくあるご質問

© 2022 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.


フリー

無料ご相談

診療内容

料 金

アクセス