2021年12月09日

二重まぶた 埋没法の闇

Reading Time: < 1 minute二重瞼手術は、美容外科医として最初のころ 実技指導され実施する手術の一つです。手技が簡単と思われ 手軽に実施され初心者の美容外科医が手始めに行うケースも少なくありません。 埋没法は簡単だから・・・ 埋没法はすぐ終わるから・・・ 埋没法はリスクないから・・・ と。 しかし、現実は埋没法といっても 1:何点で留めるか? 2;粘膜面はすくうか、瞼板に糸をかけるか 3:糸の太さや材質は? 4:針の太さや材質は? 5:結紮部位に切開を加えるか? 6:結紮部位は何か所か? 7:糸を結ぶ強さは? 8:麻酔の量と内容は? 9:麻酔の注射針の太さは? 10:術前後の処置は? 11:術前の点眼麻酔の使用は? ・・・などなど あらゆることに配慮して行う必要があります。 メスを使用しませんが手術ですから徹底した無菌・術前消毒が必要です。 麻酔一つ取りましてもキシロカインをそのまま注射すると痛みが強いためPH調整をメイロンというアルカリ性の薬剤を加えて行い注射時の痛みを軽減させる必要があります。 全てをしっかり実施できどのような目の状態にも個々に修正を加え適切に対応できる術式で実施できるスキルと経験が必要な手術が 二重瞼手術で フェイスリフト、鼻尖部形成などいわゆる美容外科手技の難易度が高いと考えられています手術と基本的な考えなどは一切変わりありません。 簡単だからと言って経験が少ない美容外科医が症例数自慢するが如く雑に実施されている現状があります。 二重まぶた手術 埋没法 丁寧に手術を行う経験豊かな美容外科医であれば 簡単ですよ・・・とは言わないはずです。最近は男性の方の二重まぶたの手術も増えてきました。 確実に永久的効果が期待できる保証された二重まぶた手術をご希望の場合は、是非 当院へご相談ください。   名古屋で 美容外科、美容整形、ワキガ治療、多汗症治療、二重まぶた手術、プチ整形、ホクロ除去、傷跡治療、しわ、たるみ治療なら さかえクリニックへご相談ください。

© 2022 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.


フリー

無料ご相談

診療内容

料 金

アクセス