2023年10月24日

迷走神経活性化


https://www.makuake.com/project/cado_foehn001/?fbclid=IwAR3ZC8G-WjSYId4q2Q8oaVcPyz1zfBwuHmFd4qdi1ddG12-aGobD8qS3eSw  
究極のヒーリングデバイス
迷走神経賦活器 開発を一緒に進めています顧問先 企業のcado様の 最新デザイン電化 ふとん乾燥機 がとんでもないことに!あっという間に1億円突破!!
2023年10月23日

日本美容内科学会発足


日本美容内科学会が設立されます。
理事長の青木晃先生から 理事への就任ご依頼がありましたので 微力ながら理事として 日本美容内科学会の業務に携わらせていただきます。
以下、青木先生のコメントになります。
2000年から23年間内科のアンチエイジング医療、美容内科医療に携わってきた集大成として、この度、一般社団法人日本美容内科学会を設立しました。
我が国における美容医療は、これまで美容外科、美容皮膚科といった外面からの施術を中心に拡まってきた経緯がありますが、ここ数年でサプリメントなどを使用した栄養療法に始まり、点滴・注射療法、再生医療といったより内科的な手法を用いた治療が注目されるようになってきています。
しかしながら、未だエビデンスの集積が少ないこの分野においては、医学的な根拠がほとんどないものも業者先導で製剤が開発され、効果や安全性が不確実なまま医師の勝手な裁量の下にそれらが使われているという問題が内在しています。
本来なら栄養補助食品として経口摂取すべき物質が、その安全性が担保されていない点滴で投与されたり、医薬品医療機器等法上の承認を得ていない未承認薬扱いである幹細胞培養上清液やエクソソーム製剤を使った点滴治療でのトラブルなど、勘案すべき事例が少なからずあるのが現状です。
美容医療の本質は基本的には健康な状態にある人が、美のQOL(quality of life)を上げるために受ける医療であるべきもので、この医療を受けたことで健康を害したりすればそれは当に本末転倒であります。
当学会は、従来からある美容外科、美容皮膚科による美容医療を補填・支持する役割を持つ美容内科という分野を明確にしつつ、本来、内科が大切にしてきたEBM(evidence based medicine)に基づく真に効果的で安全な美容内科医療を学会会員全員で構築していくことを目的としています。
今後、本学会理事長として、学問的な議論を活発に行い、美容医療領域における美容内科の普及に全力で努めていく所存です。
顧問;
日本抗加齢医学会理事長 山田秀和先生
日本抗加齢医学会副理事長 森下竜一先生
理事長;
青木晃
副理事長;
池田欣生先生(東京皮膚科・形成外科総院長)
岩本麻奈先生(グランプロクリニック銀座理事長)
斎藤糧三先生(日本機能性医学研究所所長)
理事
末武信宏先生(さかえクリニック院長)
坪内利江子先生(銀座スキンクリニック院長)
野本真由美先生(野本真由美クリニック銀座院長)
前田裕輔先生(グランプロクリニック銀座院長)
増田陽子先生(リオルダンクリニック リサーチフェロー)
渡邊千春先生(千春皮フ科クリニック総院長)
監事;
柳澤厚生先生(点滴療法研究会マスターズクラブ会長)
2023年10月23日

迷走神経刺激デバイス 開発!


究極のヒーリングデバイス
迷走神経賦活器 開発を一緒に進めています顧問先 企業のcado様の 最新デザイン電化 ふとん乾燥機 がとんでもないことに!あっという間に1憶念突破!
迷走神経刺激こそが真の癒し!

© 2024 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.


フリー

無料ご相談

診療内容

料 金

アクセス