2021年11月19日

ワキガ 稲葉式手術法

Reading Time: < 1 minute

稲葉式手術法

ワキガ治療の日本を代表されます大家、故稲葉益巳先生が開発された稲葉式ワキガ削除器を使用して、1センチ弱の切開創から長い剪刃という外科用ハサミで皮膚を剥離した後に稲葉式削除器を皮下へ挿入して皮膚の裏側からローラーのついた剃刀の刃で皮膚の上側を圧迫して裏側に充てた刃を滑らせてエックリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺を削り除去する手術法です。
私は、今から30年以上前に美容外科医として研修を積んでいたころ、稲葉益巳 博士の東京都杉並区阿佐ヶ谷にあります稲葉美容外科で稲葉式手術法の見学を何度も行わせていただきました。そして直接、稲葉式手術のご指導を受けた数少ない医師の一人です。
当時は発毛理論、ワキガのメカニズムなどご自身の研究室にご案内いただき稲葉益巳博士とワキガ・多汗症のベストな根治療法のご教授いただきましたことを昨日のように覚えております。 現在のようにワキガ手術法や他の治療法が普及しておらず稲葉式手術こそが完治が見込める唯一の治療法として有名でした。稲葉美容外科は全国からワキガ・多汗症で悩みを抱えた患者様を集客していましたが、ダウンタイムが長く術後の傷痕もかなり残存するため、現在では、ダウンタイムの長さやリスク、傷跡の問題もあり 指導を受ける場もないことから施術を行う医師の数が激減しました。
特定の医療機関では、ローラークランプ法という名称で同様の手術法の変法を実施されています。

稲葉式手術法の欠点

ワキの皮膚を広範囲剥離して稲葉式削除器を挿入して皮膚の裏側から汗腺をできる限り除去する方法ですが、ダブルタイオーバーという2週間ほどの長期間の強固な固定が必要で、本来であれば長期入院治療が必要なほどのダウンタイムのため日常生活への制限や肉体的制約があります。
いくら皮膚切開創小さくても剥離範囲が広く出血が起こりやすく血種形成が起こると広範囲の皮膚壊死を起してしまうリスクもあります。
しっかりした固定が困難で、確実にワキの術部へガーゼなどで固定しないと剥離した皮膚の形状がアコーディオン状に折りたたまれたジャバラ状に変形したり、術後に粉瘤形成したり、瘢痕化します。
高度な職人技の技術が必要で、稲葉式手術をしっかり行える医師は多くありませんでした。
現在、ワキガ・多汗症治療のメスを使わない治療法の主流となっていますラドライと比較して、高度な技術とダウンタイムから効果が根治が見込めても普及はしていないのが現状です。

稲葉式手術法の手術の流れ

1:剥離範囲の皮膚へのマーキング

2:局所麻酔

3:稲葉式削除器挿入部位への切開

4:治療範囲の皮膚剥離

5:稲葉式削除器挿入、皮膚の裏側から汗腺組織の剪除

6:止血

7:皮膚へドレーン小切開を加える

8:剥離部位のダブルタイオーバー固定

稲葉式手術法のダウンタイム

切開創は1センチ以下と小さいのですが、皮膚の剥離範囲が広範囲で強固な固定が必要で剥離した皮膚が母床と生着するまで安静を保つ必要があり、最低1-2週間の安静固定が必要。
固定している間は腕を直角に挙上して維持する必要があります。
ダウンタイムは長い治療法です。
固定除去は1週間~2週間後。 傷痕は、裏側から組織を削り取った皮膚が茶色に変色して色素沈着が起こるケースが多いため 肌色として傷跡が目立たなくあるためには最低でも半年以上かかります。

稲葉式手術法の治療費

稲葉式を実際行っている施設がほとんどないため具体的な相場は現在、不明です。
類似法の場合は35万円前後になります。

稲葉式手術法の適応

傷跡が気にならず長期の安静、ダウンタイムが許容でき1回の治療で根治を目指したい方。

稲葉式手術法の意義

広範囲に治療を実施することで完治を目指す手術を1回で終了することを目的。
ダウンタイムが長く、血種形成による皮膚壊死や術後の皮膚瘢痕拘縮、粉瘤、毛包炎発生など合併症も少なくありません。
切開創は小さく目立ちませんが、剥離した皮膚が色素沈着を起したり 瘢痕化することが多いため 術部位の皮膚が変色したりぼこぼこした感じになります。

稲葉式手術法のリスク

・ダウンタイム
・剥離した皮膚の色素沈着や形状変化が起こる可能性
・強固な固定による術後の苦痛を伴うことがあること
・安静にしていないと血種形成が起こり広範囲の皮膚壊死を起こす
・術後に粉瘤形成やセローマという液状分泌物が溜まる状態が出現する可能性
・剥離した皮膚が縮んで瘢痕拘縮という醜い形状となることがある

稲葉式手術法のこれから

*EL法で治療を行う前は私も長年稲葉式手術の縮小術を行っていました。
皮膚を中央の狭い範囲だけ剥離して、術後に合併症を起こさない、固定を3日で解除、ダウンタイム少ない術後の患者様の苦痛が少ない方法を考案して稲葉式削除器での手術を行ってきました。
効果をとるか、傷跡を目立たなくするか、いずれかを優先させることになります。 効果もあり、傷跡も目立たない手術が理想的ですが、これはワキガ・多汗症手術では相反することです。
 新しい治療法を模索して、傷跡が残らない、完治が期待できる、ノーダウンタイム、合併症が無く術後の痛みが無い治療法である EL法を開発しました。
現在では、稲葉式手術は完全に取りやめ EL法をワキガ・多汗症の主たる治療法として実施。 剪除法、稲葉式手術法、実際 多くの手術を30年以上の美容外科医の経験から、患者様にとりましてベストな治療法は、EL法です。。
近年、ワキガ・多汗症手術を1例も行ったことが無い美容外科医が、治療機器だけ購入して看護師に全て施術を任せて、ワキガ・多汗症治療を広告媒体を使用して大々的にPR して実施されている医療機関も少なくありません。 あらゆる手術や治療法を経験した専門医が 直接治療を担当しなければ 患者様にとりまして満足していただける結果は出ません。 治療経験豊富な専門医が、ワキガ・多汗症を直接実施されている医療機関をお勧めいたします。 ワキガ・多汗症の治療は看護師施術によって満足される患者様はまずありませんし、トラブルも多発しています。 医療行為である ワキガ・多汗症治療は 看護師ではなく 熟練した専門医が行うべきと考えています。
2021年11月18日

ワキガ手術 保険適応とは?

Reading Time: < 1 minute

保険収載されています ワキガ手術 有毛部切除術とは

ワキの毛の生えている皮膚を切除する 有毛部切除術という 保険収載されています 手術法があります。ワキのアポクリン汗腺の数を減少させれば、ワキガ臭の抑制は期待できますが、皮膚が切除によって欠損しますので 醜い傷跡が残るだけでなく縫合創の拘縮が強くなり 上肢の挙上制限も起こりうるという大きなリスク、デメリットがあります。 手術費用は保険が適用されるので、自己負担が少なく抑えられます。この有毛部皮膚切除術は昭和の初期に行われていた 腋臭症の治療法でした。外科病院で実施され臭いが出る部分の皮膚を切って取り除くという単純な発想です。臭いは減少しますが、正常な機能を持つ皮膚を切除するわけですから当然、欠損部位は縮んで傷跡を治そうと生体反応が起こり拘縮という現象が起こります。いわゆる引きつれが起こりダウンタイムが長くなるだけでなく日常生活への制限や機能障害のリスクさえあった方法です。私が美容外科医になってから数例経験しています。いずれも患者様は高齢者の方で昔に腋臭症の治療を受けたが引きつれた部位を治してほしいとのご相談でした。 保険での腋臭症手術の適応 保険での腋臭症手術の適応は、下記のように定められています。『悪臭甚だしく他人の就業に支障を生じる事実が明らかであって、客観的に医療を加うべき必要がある場合は給付して差し支えない。軽度のものは給付外。』ですので、患者さんご本人が『気になる』かどうかは問題ではなく、他人がひどく悩まされる状態でないと本来は、保険での手術適応とはなりません。 1 皮弁法 6870点 2 皮膚有毛部切除術 3000点 3 その他のもの 1660点 1点は10円 上記に 初診料や薬剤費用、手術材料費用などが加わり3割負担であればその3割が手術費用となります。 手術時間は60分ほどですが、入院の必要はなく、日帰り手術が可能です。 単純切除ですから特別な手術手技や技術は不要です。

ダウンタイム

有毛部皮膚切除術は、昭和時代の治療であり令和では行うべき治療法ではありません。 術後の傷痕や機能障害を無視して 臭いの出る部分の皮膚組織を単純に切除してしまう極めて時代遅れな治療法です。 皮膚切除は大きな傷跡が残ること、瘢痕拘縮といった皮膚の可動域制限が起こる可能性もあり、医学が進んだ現在におきましては絶対に行ってはいけない手技、治療法です。どうしてこのような時代錯誤の治療法が保険診療収載されているのか疑問です。現在では誰も行っていない治療といえます。

適応はあるのか?

保険収載にありましても実際行っている医療機関は国内にはまずないはずです。絶対に受けてはいけません。当院ではワキガの令和の治療法である EL法を推奨しております。https://sakae-clinic.com/skin_care/axillary_odor/ ダウンタイムが少ない永久的効果が期待できます優れたワキガ・多汗症治療法です。  
2021年11月18日

ワキガ手術 剪除法とは?

Reading Time: < 1 minute

標準的なワキガ手術である剪除法

国内で実施されていますワキガ手術の中で最も標準的で数多く実施されている手術が剪除法です。 ワキガの原因はアポクリン汗腺から出る分泌物質を皮膚の常在菌が分解して起こります。 ワキガの原因となるアポクリン汗腺密度が高い、わきの下の有毛部の中心部分の1、2ヶ所を、数センチほど切開を加え、皮膚を剥離して反転させ、アポクリン汗腺を露出させて実際に目視し、確認しながら手術用ハサミで除去します。アポクリン汗腺を除去した後、皮弁が母床に生着するようにガーゼでしっかりと固定する方法が剪除法の流れです。

効果

ワキの皮膚のように確実に剪除してアポクリン汗腺を除去できた部分は効果が期待できますが、この手術法は皮膚を皮下組織を剥がすという剥離手技が必要で、すそ・乳輪部などのワキガに対しては広範囲に皮膚を剥がすことが困難です。 このためどうしても治療が実施できる部位は限定的になってしまいます。 ワキに関しましても、中央を中心とした部位だけが剥離可能でワキの周囲 つまり上腕側や体幹側まで皮膚を十分に剥離することはできません。 もし皮膚を広範囲に剥離する手技の場合は、原則としまして入院が必要となり 剥離した皮膚を母床に生着させるため圧迫固定を ガーゼを固定するダブルタイオーバーという特殊な方法で行い長期の安静が必要となります。 ダウンタイム 術後のダウンタイムは、皮膚を切開し剥離するため長期になります。剥離した皮膚が母床に完全に生着するためには血流が再行されるのに時間が必要になるからです。 剥離した皮膚が浮いてしまい血種が形成されないように強力な圧迫固定が必要です。強固な圧迫固定を行わないとそのスペースに出血した血種形成が生じて血種ができた部位の上の皮膚が血流不全となり皮膚壊死を起こす可能性があるからです。最低でも1週間-2週間の圧迫固定が必要となります。 固定の際には、糸でしっかりと皮膚とガーゼを縫い付けて固定するため糸痕が醜く残ってしまいます。術後の創の経過は決して良好な症例ばかりではないのです。 傷が完全に治癒し術後しばらくしてから粉瘤と呼ばれる塊のカプセルが生じて摘出手術が必要なケースも少なくありません。 それゆえ 手術以外に適切な治療が無かった時代の治療であり 現在ではほとんど行われなくなっています。昭和のワキガ治療といえます。 剪除法の手術痕が数か月は目立ちますが、半年ほどすればある程度傷跡が目立たなくなり、数年経過すると目立ちにくくなります。 傷跡が残るのが絶対に嫌な方では選択されるべき治療法ではありません。 剪除法が適応となる患者様

1回の施術である程度確実で永久的治療効果を期待したい場合には手術も選択肢の一つになりますが、ダウンタイム、傷跡、術後の様々な合併症のリスクを考えると現在の医療レベルや他の治療法と比較して優位な点が少ないためお勧めできません。

ただし、剪除法は保険適応になりますので保険診療機関では保険が効いて手術を受けることができます。

ワキガ治療費が比較的安価となり経済的負担が減ります。

しかし、外来で行われる手術の場合は広範囲の剪除は困難でリスクも大きくなるためにどうしても効果が悪くなります。 効果を大きく期待した広範囲の剪除法を受けることをご希望の場合は、入院施設がある専門医がいる医療機関で入院して手術を受けられて 1-2週間ほど安静固定を行う必要があります。

入院での手術は、肉体的、経済的負担が大きく入院費用を考えると美容治療と比較して必ずしも保険診療だから安価であるとは言えなくなります。

剪除法が保険適用という理由?

腋臭症は治療すべき疾患であり、治療の対象となりますので保険適応です。

昭和の初期には、外科病院において切除法というワキの皮膚を切り取り、取り除くといった 乱暴とも言えます手術が行われてきた歴史があります。その後、比較的侵襲が少ない剪除法が開発され保険収載されました。

剪除法の失敗とは?

経験が少ない医師に手術を受ければ、効果が期待できないだけでなく合併症の可能性も高くなります。

失敗の要因は、医師の実績・経験、熟練度が低い場合です。

 

剪除法での再発は?

再発の最大の原因は、臭いの元になる汗腺組織の中途半端な除去に尽きます。

皮膚を極限まで薄く植皮を行う場合 同様に削いでいく技術が必要であり、過剰に行うと血行不全によって皮膚壊死を起したり、術後皮膚拘縮が起こり、拘縮性瘢痕や肥厚性瘢痕という醜い傷跡が残ることになります。

その匙加減が難しく、手術は必ず経験豊富で術後のケアにも対応できます専門医に受ける必要があります。

クリニック選びの重要性

腋臭手術の症例数や実務経験年数が明確にわかる担当医に手術を受ける必要があります。

クリニックではなく 手術担当医を選ぶ必要があります。 大手美容外科クリニックや有名なクリニックにワキガ手術経験豊富な専門医がいるわけではありません。

美容外科専門医だから、形成外科専門医だから剪除法も上手というわけではありません。 腋臭症の治療を見たことも経験したことも無い形成外科医や美容外科医も存在します。

特に大手美容外科クリニックではワキガ手術を1例も経験したことが無い院長が ワキガ治療を担当するケースも実際にあるのです。

医師の診療専門性、経験、治療実績を十分確認してから手術を受けるべきです。

剪除法の料金?

保険診療は、保険の自己負担割合によります。

総額は通院回数、処置の有無、薬剤の有無、合併症の有無などでも異なります。

保険診療の場合の外来手術費、

片ワキ 2-3万円程度 

両ワキ 4-5万円程度です。

美容外科クリニックでは自費になりますので20-40万円程度と幅があります。

剪除法のFAQ

術後の痛みは?

皮膚剥離を行いますがしっかり生着して出血して血種形成が無ければ、強い痛みはありません。

麻酔法?

キシロカインという局所麻酔薬を使用します。血管収縮剤で 麻酔効果が延長される目的で含有されていますエピレナミン添加のキシロカインを局部に注射して麻酔を行います。 全身麻酔法での手術は原則としましてリスクがあるため実施されません。

ダウンタイム?

術後の創部のガーゼとテープなどによる固定が必要となりますので術後3日間は一切ワキを浮かせることができない安静が必要、4日目以降も最小限の動きのみ、1週間後に固定除去され通常の日常生活が可能です。 入院の場合は1-2週間のダウンタイムになります。

手術後の合併症・リスク?

最多の合併症は、術後の剥離部位からの出血による血種形成です。すぐに処置しないと血種ができた上の皮膚壊死が確実に起こります。術部の感染はほとんどありませんが、術後しばらくしてから手術部位に粉瘤や毛嚢炎、セローマという嚢胞が生じることがあります。

効果は確実?

残念ですが、身体的負担が大きい割には、完全に臭いが消失することはありません。理由は、皮膚が剥離できない部位は全くアポクリン汗腺の除去ができないためです。

手術適応年齢?

臭いが気になってくる年齢は個人差がありますが早い方で10歳くらいから小学生4-5年生からです。 女児では男児よりも早く臭いが気になってくることが多いようです。手術は原則として確実に安静が実施できる高校生以降です。  

© 2022 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.


フリー

無料ご相談

診療内容

料 金

アクセス