2022年01月01日

ワキガ治療後の瘢痕

Reading Time: < 1 minuteワキガ治療後の瘢痕の相談は少なくありません。 手術を行って切開創がたとえ小さくても皮膚を剥がした痕が醜い瘢痕や粉瘤や 毛穴の拡大による角栓のつまりで醜い状態になることも少なくありません。 現在、ワキガ治療はメスを使用しない ダウンタイムが無い治療としてかなり過大にPRされて看護師が施術を行う流れになってきています。 長期的に施術を実施した患部を経過観察すると 瘢痕化したり粉瘤が発生したり、角栓が目立つような痕になるケースも少なくないのです。 このような状態は外科的な治療以外では改善することはありません。 ワキガ手術後の瘢痕、メスを使用しないワキガ治療後の瘢痕は美容外科的手術とフラクショナルレーザーによる皮膚再生医療でかなり改善します。 あきらめないでご相談いただけましたら幸いです。 名古屋の 美容外科、美容整形、ワキガ治療、多汗症治療、プチ整形、ホクロ除去、傷跡治療、しわ、たるみ治療なら さかえクリニックへご相談ください。
2021年12月20日

ワキガ治療 マイクロニードル治療の瘢痕

Reading Time: < 1 minuteビューホットというワキガ、多汗症治療機器によります マイクロニードル高周波治療でのワキガ治療後 3か月以上経過しました患者様の傷痕になります。 ランダムにワキの皮膚へ針を刺して高周波を流して熱を発生させるため 高度の炎症が起こることがあります。これは熱傷痕として完全に赤みが治癒しても醜い白いぶつぶつのいぼ状の熱傷痕が残る可能性が極めて高い状態です。 このような傷跡の治療は難渋します。 まずは赤みを消失させる治療から始めて 瘢痕化しないように治療を進めます。     名古屋の 美容外科、美容整形、ワキガ治療、多汗症治療、プチ整形、ホクロ除去、傷跡治療、しわ、たるみ治療なら さかえクリニックへご相談ください。
2021年12月05日

ワキガ治療の闇 マイクロニードル治療の落とし穴

Reading Time: < 1 minute ワキガ治療はメスを使用ない治療へと治療法に大きな変遷がありました。 簡単でダウンタイムが無いように行えるワキガ治療も実態は? 手術と異なり 簡単に施術できるということでワキガ治療を看護師が担当する美容外科クリニックも少なくありません。 メス不要のダウンタイムが無い、痛みが無い次世代の最新ワキガ治療とメリットばかり強調された広告が目につきます。 この漫画では マイクロニードルを使用したメスを使用しないワキガ治療のリスクの可能性や合併症をまとめて解説してあります。 ワキガ治療を受けたいと希望されています患者様がおられましたらご覧になって治療法を慎重にご検討ください。   名古屋で 美容整形、美容外科、プチ整形、ワキガ治療、多汗症治療、ダイエットなら さかえクリニックへご相談ください。
2021年12月04日

美容整形の闇 シリーズの監修

Reading Time: < 1 minute美容整形の闇 身近な医療となってきました 美容医療 私が美容外科医として働くようになって30年以上経過しましたが、多くの美容外科クリニックが開設され過去にないほどのトラブルや美容外科手術による合併症や後遺症で悩んでいる方々も少なくない現状があります。 少しでもそのリスクを回避するため わかりやすく漫画として友人に制作していただきました。 わきが手術は現在では以前より行われなくなってきましたが、ワキガ手術は以前 合併症が多い 手術の一つです。 わきが治療を考えている方へ 手術のリスクを漫画にしてわかりやすく解説してみました。 名古屋で 美容整形、美容外科、プチ整形、ワキガ治療、ダイエットなら さかえクリニックへご相談ください。
2021年12月03日

切らないワキガ治療の闇

Reading Time: < 1 minute ワキガ治療は手術からメスを使用な治療へと大きな変化を遂げてきました。 しかし・・・簡単でダウンタイムが無いように行えるワキガ治療も実際は… 手術は必ず医師が担当しますが、ワキガ治療を看護師が担当する美容外科クリニックも・・・ メスを使わない、傷跡が残らない、痛みが無い、簡単に行える・・・というメリットばかり強調されたワキガ治療が 是非、わかりやすく リスクの可能性や合併症をまとめて解説してありますのでワキガ治療を考えられている患者様がおられましたらご覧になって治療法を慎重にご検討ください。   名古屋で 美容整形、美容外科、プチ整形、ワキガ治療、ダイエットなら さかえクリニックへご相談ください。
2021年11月25日

ワキガ治療の ポータルサイト監修

Reading Time: < 1 minuteワキガ・多汗症に関します あらゆる情報を掲載しました ポータルサイトを監修させていただいております。https://wakiga.media/ ワキガの仕組み ワキガの症状 ワキガの検査 ワキガの遺伝性 ワキガ対策 ワキガの治療法 ワキガの最新の知見 美容外科医としまして30年以上 ワキガ・多汗症の治療の臨床に携わってまいりました。 その経験と知識をまとめて ワキガ 最前線で治療を行う臨床医として 監修させていただいております。 ワキガ・多汗症でお悩みの患者様でクリニック選びに迷っておられます方へ ご参考になりましたら幸いです。
2021年11月24日

チチガ の見分け方

Reading Time: < 1 minute
チチガは乳輪ワキガともいいます。乳輪部周辺のアポクリン汗腺が存在する部位からの臭いが出る症状です。
チチガの可能性はまず、耳垢が湿っている場合は高くなります。
耳垢が湿っていなければチチガではないはずです。
耳垢が湿っているかいないかは遺伝要素が強く耳垢が湿っているとワキガ体質といえます。
最終的には わきが同様のチチガ特有の臭いで診断できます。
診断方法は乳輪部に特殊な目の粗いガーゼを当てて15分ほど経過してその臭いを専門医がチェックします。
チチガは乳輪部の範囲がワキよりも小さいこと、汗もワキと比較して少ないことからワキガ程 気になる方はいません。
パートナーからの指摘を受けて治療にご来院される方が多いです。
治療法はいろいろありますが 永久的に治療効果が獲得でき傷跡が一切残らずダウンタイムが全く無い方法は EL法になります。
EL法は、乳輪部位の毛穴に特殊な絶縁針というニードルを挿入して1か所ずつ高周波による熱で 臭いの元になる汗腺をタンパク凝固変性を起し破壊する方法です。
ミラドライ、ビューホットなど機器を用いて看護師が施術することが多い治療法と異なり高度の技術が必要ですが 片方 5分程度 痛みもダウンタイムも無く治療直後から効果が実感できる有効な治療法です。
入浴やスポーツなど制限も無く、短時間でお手軽に治療を受けることが可能ですのでご安心ください。https://sakae-clinic.com/skin_care/axillary_odor/suso-wakiga/
2021年11月23日

ワキガ治療 を看護師が担当する治療法

Reading Time: < 1 minuteワキガ手術は当然ですが、医師が行います。 しかし、最近、ワキガ治療を看護師が行ってトラブルがかなり起こっている事実があります。 手術以外のワキガ治療としまして ミラドライ、ビューホットなどがあります。最近ではHIFUといった超音波を使用した治療も行われるようになってきました。 これらの治療の共通点は、全て機器を使用して それぞれの専用プローブを患部へ押し当て照射する方法を採用しています。 このため手技としましては単純で看護師でも治療は可能といえます。 しかし、看護師は 医学を学んだわけではありません。看護学は学んでも皮膚科学や創傷治癒、美容医療の専門家ではないのです。看護師でも医師でもプローブを皮膚へ押し当てて照射するだけだから同じではないのです。 まず、個人差がありますので皮膚の状態や施術範囲、など個々の患者様の状態に応じて 出力、照射時間、範囲、など詳細にパラメーター設定が必要となり業者から渡されるマニュアル通りでは十分な結果が出ないばかりか きわめて重篤な皮膚損傷や熱傷、神経損傷も実際には医療事故として起こっています。 では、どうして看護師がワキガ治療を行うのか?理由は以下の事であることが想定されます。 1:施術時間が長時間になり医師の報酬を考えると割に合わない 2:手術は医師だが予約状況から看護師しか手が空いていない 3:業者の営業で看護師でもできる簡単な治療といわれ機器を購入した 4:価格競争になっていかに治療コストを下げるかを考えると看護師が施術を行わなければ経営が成り立たない 5:医師がワキガの事を何も知らない このため、看護師施術にはリスクだけでなく法的な問題もグレーなのです。 医療行為ですのでいくら医師の管理下にあってもワキガ治療行為を看護師が施術することは医師法上 確実に問題ないとは言えないはずです。 倫理的には絶対に ワキガ治療の看護師施術は NG行為。 この問題に関しまして長年メーカーにも進言しておりましたがことごとく無視され 恐れたことが起こりました。 ワキガ治療では無いのですが 看護師が医師の管理下ではない状態でシワ・タルミの高周波治療(報道ではレーザー治療となっていましたが)によって重度の熱傷を頸部に引き起こされ全治6か月の診断の美容医療トラブルが起こり業務上過失傷害で 某クリニックが家宅捜査を受けた報道が 実名入りでしかも その美容医療機器の名称まで報道されてしまいました。 https://news.yahoo.co.jp/articles/98c0df8670df62a988c3d9b40ea6cdbff7afabcc 死亡事故以外で警察の捜査が医療機関へ入ることは異例な事件です。 この事件は氷山の一角であり、看護師施術によって数多くのトラブルが起こっているという現実があります。 当院へも看護師施術のトラブル後のご相談が多数寄せられています。 とても残念なことですが美容医療業界が看護師施術で単価を落としてPRを行い集客するビジネスシステムが構築されつつあります。 美容医療のクオリティを落とさないためにも 看護師が行うグレーゾーンの美容医療行為を見直す時期に来たのではないでしょうか。  
2021年11月21日

子供のワキガ 治療はいつから?

Reading Time: < 1 minute
子供のワキガは、大人と比較しまして再生能力が強いこと、成長期では臭いの元になる汗腺の数増加を考慮しまして ご本人が気過剰に気にしていなければ中学生以降の治療をお勧めします。
特に女児の場合は小学4年生くらいから臭いが急に出現して気になるケースもありお子様ご本人自身が悩まれたりする場合は 小学生4年生からでも治療を行います。
子供のワキガ治療は、できる限り 痛みを抑制し、短時間で終了する治療で、術後に直ぐにスポーツ可能で学業や習い事に支障がないこと、傷跡が絶対に残らないことを大人の治療以上に配慮して行う必要があります。
残念ながらこれら全ての条件を満たして お子様でも安全に治療を行える方法は EL法、すなわち電気分解法しか治療法の選択肢がありません。
ミラドライ、ビューホット治療は痛みが強くまずお子様では術後の強い疼痛で精神的ダメージが大きくなります。
また大人には有効でも子供には効果が悪くなり 多くの回数痛みに耐えながら治療を継続していく必要があります。
手術やミラドライ、ビューホットでは麻酔の量も多くなり確実に安全に治療を受けられるとは言えません。
EL法は短時間で治療が可能であり ミラドライ、ビューホット、数々の手術と比較して30-40分の1の麻酔量で十分治療が可能です。
安全性が極めて高い方法になります。https://sakae-clinic.com/body-care/wakiga/child
2021年11月20日

ワキガ治療 吸引法手術

Reading Time: < 1 minute

ワキガ治療 吸引法

吸引法とは?

吸引法は吸引法手術のことで、吸引管で吸引操作によるワキガの原因となる汗腺を吸引除去して治療するという手技で開発されました手術方法のことです。

ワキガの治療法として、吸引法手術が美容外科クリニックで実施されていたのはすでに20年以上前のことです。

吸引法手術当日より、デート可能、痛みが無い、傷跡が残らない、簡単に・・・ 等ダウンタイム無く 手軽に受けられるワキガ治療法として某美容外科クリニックによるキャッチコピーにより大々的な広告戦略で過去、一定期間実施されたいましたワキガ治療法です。

当時は、脂肪吸引を行う吸引管の細いサイズのものを使用し数ミリほどワキの皮膚を切開し 従来のワキガ手術法のように皮膚剥離を行わず皮膚の裏側から皮下組織を擦って掻き出す手術が実施されていました。

ワキの皮膚を剥離をしないためガーゼ固定は不要という術後のケアでしたが 実情は、術後の出血、血種形成など合併症が少なからず起こっていました。 吸引管によって臭いの原因である汗腺を含んだ皮下組織を掻き出すだけの手術のため 従来のいろいろな手術法と比較して効果は劣り、数か月間、多少臭いや汗は減少してもほとんど元に戻ってしまう不完全な手術法でした。 このため吸引法手術を受けた患者様からのクレームが多発して、有効性も否定され 現在では、ワキガ治療として吸引法手術を実施している医療機関はほとんどありません。

吸引法手術とミラドライの比較

吸引法手術は、非観血的治療法のミラドライと違い医師が行う施術するにも関わらず効果は劣り、実際には手軽に行えるワキガ治療法とは言えません。

ミラドライと違い表皮へのダメージは血種形成を起さなければ、殆んどなく痛みが少ないことが特徴でした。

こどものワキガ治療への吸引法

子供のワキガ治療は大人以上に治療が困難です。吸引法は子供に対しては選択すべき治療法ではありません。子供は組織再生能力が高く 成人以上に汗腺をしっかり削除、破壊しないと再発する可能性が極めて高く吸引法で完治は目指せません。

吸引法はどの部位でも可能?

スソワキガにも行われたケースがありましたが、Iラインなどでは治療が不可能で乳輪、肛門への治療は適応外となります。

吸引法の手術の流れ

1:施術範囲のデザイン

2:消毒

3:キシロカインによる局所麻酔

4:皮膚小切開

5:吸引管挿入、皮膚の裏側より汗腺を含む皮下組織の除去

6:切開部の縫合

7:圧迫固定 皮膚剥離を行わないため患部へガーゼを当てるだけの簡易処置を行う医療機関もありました。

ダウンタイム

術後の患部の固定除去が不要でほとんどの患者は縫合創の抜糸のみの来院、もしくは症例によっては、溶ける糸を使用して抜糸不要。

たった1回の通院手術で完了 を謳い文句で集客を行っていました美容外科クリニックも少なくありませんでした。痛みは皮膚剥離を行わないため少なかったのですが固定が強固に行われないため術後に剥離部位の出血、血種形成を起こす症例もありました。治療する範囲は他の手術法と比較して小範囲のため、醜い広範囲の傷痕や瘢痕拘縮などが残るリスクはほとんどありません。

吸引法の相場

現在ではほとんど実施されていない吸引法手術ですが、当時は10-20万円ほどの手術費用が相場でした。

さかえクリニックでの吸引法手術の考え方

当院では吸引法は

1:効果が全くといって期待できない

2:術後に血種形成を起こすリスクが少なくない

3:他のワキガ治療法としてダウンタイム少なく確実に永久的効果が得られる満足度の高い EL法の施術 https://sakae-clinic.com/skin_care/axillary_odor/ が患者様へ提供が可能

の理由から吸引法は行いません。

吸引法がおすすめな方は?

現在では治療法の選択が増えたこと、永久的効果を望む場合は意味がない治療のため、お勧めの方はいません。

吸引法の特徴

手術全盛期の時代に大手美容外科クリニックグループのPRでの集客を目的に開発されたネーミングと術式であり、有効性も低く、そのほとんどが再発してしまう中途半端な治療法です。臨床的な意味はありません。

吸引法の注意点

決して受けるべきワキガ治療法ではありません。汗腺を含んだ皮下組織を吸引する操作だけではワキガ・多汗症は完治には至りませんし皮膚の創が残るだけで無意味だけでなくマイナス効果が大きなワキガ治療法といえます。故稲葉益巳 博士もワキガ治療として吸引法は詐欺的手術であり学術的見地からも 倫理的見地からも決して行うべき治療法ではないと断言できると 日本美容外科学会でも熱弁されておられたことを覚えています。


© 2022 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.


フリー

無料ご相談

診療内容

料 金

アクセス