2021年12月01日

自律神経ケア トリートメント

Reading Time: < 1 minute自律神経へのアプローチは究極の健康法です。人間の無意識活動 循環、呼吸、消化、代謝、体温調整、血圧調整など全て 自律神経がコントロールしています。 自律神経は人間の ソフトウエアでコンピューターで例えるなら OSに相当します。 この部分の強化、ケアは肉体以上に必須事項。 しかし残念ですが医学部では自律神経に関しましては生理学で少し学ぶだけで自律神経評価法や自律神経の計測などは実習でも講義でもどの医学部でもほとんど行われていません。 現在、順天堂大学医学部大学院で小林弘幸教授と自律神経の研究や大学院生への研究指導、講義を行っています。 その研究のノウハウを全て ケアに活かして開発しました セルトリートメント 低周波の微弱電流で筋肉へ強い刺激を加えず筋膜へのアプローチ、血流改善できる機能解剖学的、生理学的、自律神経学的アプローチをトレーニングを積んだセラピストが担当します。 https://sakae-clinic.com/aging-care/celltreatment/    
2021年11月30日

究極の癒し 528Hz音楽

Reading Time: < 1 minute数多くのヒーリングミュージックが配信されます中で、自律神経へ影響を与える音楽として注目されます 528Hz音楽 昔から528Hz音楽の癒しの効果は知られていましたが その謎と探究を世界一 行ってきました私の友人でもあり尊敬する 癒しのアーティスト ACOON HIBINO(永魂)さんhttps://acoonhibino.com/ 2015年度 日本レコード大賞企画賞受賞 528Hz音楽が与える生体への影響を自律神経からアプローチ エビデンスを追求しています数少ない 真のヒーリング音楽です。 順天堂大学医学部でも528Hz音楽による被験者への影響を実験し自律神経学的解析と論文作成を実施しました。https://528hz.co.jp/certification/ 永魂メディカルミュージック株式会社では、528Hzの音楽配信事業を聴く処方箋として展開されています。この監修を務めさせていただいております。https://528hz.co.jp/ 今後、528Hz音楽は 医療機関、サロン、スパ、ホテル、百貨店、スポーツジム、高齢者施設、ご家庭内へも導入され多くの方が視聴し真の癒しを体験されることになると期待しております。 究極の癒しのアーティスト ACOON さんと一緒に 究極の音楽を探求していきたいと思います。  
2021年11月29日

次世代PRP療法

Reading Time: < 1 minute日本国内で最初にPRP療法をアスリートに担当させていただきました。アキレス腱周囲炎で苦しむオリンピック日本代表選手への施術に始まってこれまで数多くのトップアスリートのPRP療法を担当させていただいてきました。https://prp-labo.net/ 美容分野でPRP療法を行ってきて20年 キットもスイス製からイスラエル製の MyCELLsに代わり有効性も高く 安定した効果が得られました。 しかし、再生医療安全性確保法施行により手続きの負担、経費の増大など 従来のPRP療法が施術しずらくなってしまいました。 当院では現在 60ccの採血を行い 専用Laboに採血した血液を配送してLaboで赤血球、白血球を完全除去し血小板成分をフリーズドライして成長因子の濃度を高め 製剤を長期保存が可能となりました。 当日の施術はできませんがより高濃度で不純物が混入していない高品質の成長因子を含んだ PRP療法の実施が可能となりました。 http://lcepfer.jp/ 現在、株式会社 Infix様から依頼を受け 治験とその施術プロトコール製作などのアドバイスを担っております。 従来のPRPと比較しまして 1:痛みが少ない 2:効果が大きい 3:1年間の保存が可能なフリーズドライPRP とより患者様への有効性が大きく期待できるようになりました。 当院では 美容分野、スポーツ分野の両方で施術を受けることが可能な日本で唯一の医療機関です。
2021年11月28日

肺 活

Reading Time: < 1 minuteコロナ禍におきまして 呼吸機能が注目を集めています。 本年3月に私が監修させていただきました 肺活の書が注目を集めております。 昭和 → 脳活 平成 → 腸活 令和 → 肺活  
2021年11月28日

ダイエット注射 GLP-1 のリスク

Reading Time: < 1 minutehttps://www.amwa.jp/ 私が副代表理事を務めさせていただきます先端医科学ウエルネスアカデミーでも 美容クリニックで過大にダイエット効果を謳ってPRされています GLP-1ダイエット 絶対 反対の立場をとっています。 美容外科、美容クリニックの一部では簡単に痩せれる!安全安心!診察不要など 医療とかけ離れた釣り文句で PRを行い ダイエット注射のメリットのみを強調し 患者様のリスクよりも営利優先のビジネスを行っていることが問題になっています。 実際、健康被害も行っており、オンライン処方をダイエット商法の売りにしている 医療機関も少なくない現状に警告を鳴らしています。 日本医師会は早々に 医の倫理に反する行為 として警告を出しました。 日本糖尿病学会でも反対の立場を・・・ https://www.asahi.com/articles/ASN6K6QPFN6KULBJ00L.html 国民生活センターでも警告を http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20200903_1.html 糖尿病の研究者や専門医の多くが反対する中、糖尿病患者の治療すら経験がない医師や知識もない医師が ダイエットだけを目的とした 営利優先の GLP-1 ダイエットのリスクや医療倫理に反する行為として啓蒙活動を継続します。 https://www.jaam.or.jp/pdf/20200903_joint-statement.pdf オンライン診療ガイドラインを遵守していない医療機関もありますのでご注意ください。  
2021年11月26日

誹謗中傷

Reading Time: < 1 minute昨日、ねつ造した話 いわゆる デマ を 流布している人間がいると患者様よりご相談がありました。 当院では 医療機関としまして当然のことですが、個人情報管理、プライバシー管理など徹底しております。 1年前からいろいろ 特定の個人情報を流布しているとの虚偽の話を流布している人物がいるということが判明しました。しかもそのデマがかなり広がってしまっているとのご相談を受けました。 医療機関の信用をデマ流布して信用を落とす行為は許容できません。これは、犯罪です。 現在、デマを流布しています個人を調査中ですが流布している人物が確定しましたら残念ですが、顧問弁護士を通して 偽計業務妨害 、名誉棄損で 刑事告訴を検討しています。 ネットでの個人に対する誹謗中傷も問題になっていますが、たとえ噂話でも事実でないことを流布すればその方も刑事罰に問われる可能性があります。ツイッターでのリツイートと同様です。 https://itbengo-pro.com/columns/228/ 今回は患者様を巻き込んだ 容認できない 極めて悪質なデマのため 徹底的な調査と法的対応を準備しています。このブログをデマを流した方がご覧になりもし軽い気持ちでデマを流したのであれば、犯罪行為と考え 絶対におやめください。 感染症対策、個人情報管理、プライバシー保護 一層 厳重に患者様に安心していただける医療サービスを提供させていただきます。 もし、当院及びスタッフ、院長である私の家族に関するデマなど情報がある方がおられましたらお手数ですがご一報いただけましたら幸いです。 何卒、よろしくお願いいたします。  
2021年11月26日

ホクロ除去の麻酔

Reading Time: < 1 minuteホクロ除去を希望されます患者様は数多くご来院していただいております。 皆さん、ホクロ除去後の傷痕のこと以外に 治療中の痛みや麻酔の痛みを気にされます。 ホクロ除去には局所麻酔剤による局所麻酔を行います。 特に男性は女性と比較しまして痛みに弱いということもあり 当院では、極力麻酔時の痛みが軽減できるよう局所麻酔薬を院内製造しています。 一般的に局所麻酔薬はキシロカインという名称の塩酸リドカインという薬剤を注射器でホクロ除去部位へ注射して行います。 このキシロカインは、美容外科で使用されている濃度は0.5%、1.0%、2.0%がほとんどですが 薬剤が酸性のため濃度が高いほど生体のPHとの差があり注射時の局所麻酔剤の拡散痛が強く感じてしまうようです。 当院ではエピレナミンという血管収縮剤入りのキシロカインを0.2%ほどに薄まるように濃度調整を行っています。メイロンという重炭酸のアルカリ性のPHの薬剤を混ぜて局所麻酔麻酔剤が生体のPHに近づくように中性になるように調整しています。 これによって局所麻酔時の痛みは大幅に軽減されます。局所麻酔剤の調整法はまだ多くの美容外科医の中でも残念ながら知識として普及していません。私が指導させていただきました 美容外科医や美容皮膚科医の皆さんは、必ず局所麻酔剤をそのまま使用することなくメイロンでPH調整と濃度を薄めて使用しています。 また、注射時の針が太いほど 皮膚への刺入時の痛みは強くなります。部位のよって 30Gから34Gと極細の針を使用して麻酔を行いますので、通常の太さの針で局所麻酔を受ける時よりも大幅に痛みが軽減されます。 麻酔の方法や薬剤にも配慮して施術を行う事は医療としても重要です。自費での診療では高度な知識、技術、繊細な配慮が必要となります。美容目的でホクロの除去を行う時は、患者様にとりましても最高の美容医療サービスを受けていただくことが必須と考え診療を行っております。 まだ、麻酔薬を顔に注射するのが怖いと恐怖をお持ちの方はさらに高速で振動する医療用小型バイブレーター、振動発振器を使用して注射部位に近い皮膚に接触させて振動を起こし、痛覚閾値を低下させる特別な麻酔法を実施できます。
2021年11月25日

性病 性感染症ポータルサイト 監修

Reading Time: < 1 minutehttps://chitsu.media/vagina/20244 性病 性感染症を疑った時、ネット以上の検査キットでの検査の落とし穴をわかりやすく解説させていただいております。 検査はかならず医療機関で受けましょう。 治療と直結でき 診断も確実で 無駄な時間とお金を使わなくて済みます。
2021年11月25日

ワキガ治療の ポータルサイト監修

Reading Time: < 1 minuteワキガ・多汗症に関します あらゆる情報を掲載しました ポータルサイトを監修させていただいております。https://wakiga.media/ ワキガの仕組み ワキガの症状 ワキガの検査 ワキガの遺伝性 ワキガ対策 ワキガの治療法 ワキガの最新の知見 美容外科医としまして30年以上 ワキガ・多汗症の治療の臨床に携わってまいりました。 その経験と知識をまとめて ワキガ 最前線で治療を行う臨床医として 監修させていただいております。 ワキガ・多汗症でお悩みの患者様でクリニック選びに迷っておられます方へ ご参考になりましたら幸いです。
2021年11月24日

ホクロ除去 創傷治癒理論に基づくケア

Reading Time: < 1 minuteホクロ除去後のケアはホクロ除去手技以上に重要です。ホクロ除去した直後から傷は治癒をスタートします。この時に適切なケアがされていないと治癒が遅れるばかりか 傷跡が残りやすくなってしまいます。治療直後、つまりホクロ除去直後からケアが必要です。具体的には 絶対に創部へは消毒をしないこと。乾燥させないこと。クリーム基材の塗り薬は絶対に塗布しないこと。です。 多くの患者様がホクロ除去を当院で受けられていますが必ずホクロ除去後のケアに関しまして詳細に説明させていただき患者様ご自身で行っていただくことを丁寧に指導させていただいております。 ホクロ除去後の創は 擦過傷や熱傷の処置に準じます。消毒は全く無意味であるばかりか 治癒を遷延させます。消毒によって治癒を促進させる細胞が破壊されてしまうのです。消毒をすることで感染しやすい状態にもなってしまいます。 当院では必ずホクロ除去後は医療用の創傷被覆材を貼って傷跡を保護すると同時に 湿潤療法という創部をウエットの状態に保つようにします。 これによって肉芽形成が促進されたり上皮形成が促進されます。このことがホクロの傷痕が目立たなくなることに繋がります。 ホクロ除去するということは上皮が欠損した皮膚を形成するという事なのです。この部分を保護して一刻も早く上皮形成を促せば感染リスクも無くなりますし正常な治癒が促進されて傷跡も残りにくくなります。 炭酸ガスレーザーでのホクロ除去は、熱傷が生じたと考えてホクロ除去後はケアが必要です。炭酸ガスレーザーの熱エネルギーによってホクロの組織は蒸散しますが正常皮膚へも熱ダメージが加わるため熱傷が起こるからです。このため 単純な擦り傷よりもホクロ除去後の創は治癒が遅れます。 3日間は医療用被覆材を貼ったまま放置で構いません。3日経過してから被覆材を自ら剥がしていただき創部を水道水、シャワーなどで洗浄していただきます。垢や汗など感染源となる細菌も洗い流されます。その後、さらに3日間ほど医療用創傷被覆材もしくは市販のキズパワーパッドを貼っていただければ 治癒が完了します。 https://www.sakae-clinic.com/wound/p01.html?_ga=2.16767669.22389379.1637503973-1223386255.1510898913 血流の良い顔は数日の塗布で上皮化が完成しますが、身体や四肢特に足や背中は血流が悪く1週間でも上皮化しないことが多く 長期間の創傷被覆材の使用はかえって傷の治癒を遅らせるため多少 ジュクジュクしていても乾燥させて治癒を待つこともあります。 3か月ほどは赤みが残りますからホクロ除去部位へ紫外線の直接当たることは避けていただきます。紫外線が当たると上皮化が完成していないと色素沈着の可能性があります。 抗生剤服用などはよほどのことが無い限り不要です。

© 2023 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.


フリー

無料ご相談

診療内容

料 金

アクセス