2019年06月08日

美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No12

Reading Time: < 1 minute

儲かる治療はどんどん行う

最近では、レーザー治療機器をはじめ、多くの治療システムや治療法、注入材料が出現して美容治療玉石混合時代に突入です。 私が、美容外科医として働き始めた頃は炭酸ガスレーザーが唯一の治療用レーザー照射システムでした。 18年前、初めて炭酸ガスレーザー照射器を見た時は感激しました。肉が瞬時に切断でき名刺に簡単に穴が開く。 これは凄い。まるで宇宙戦争の最先端武器 レーザーガンのようでした。 子供の頃、あこがれたレーザー銃を手に取った感動でした。しかし、すぐにその治療範囲の狭さと使い勝手の悪さに気が付きました。最初の炭酸ガスレーザーは必要以上に大きくいちいち大きなタンクに炭酸ガスをセッティングしなければならなかったのです。治療目的は切開とホクロの除去だけ。大きな期待を抱いていち早く導入した私も高額な価格の割には使えないな、という印象でした。実際、治療にはほとんど使用しませんでした。この頃、包茎手術ブームで男性専門のクリニックが続々と開業されました。レーザー手術を売りに患者獲得を伸ばしてきました。 しかし、実際は杜撰なものでした。 傷跡は火傷のごとく醜く治癒も悪い。メスでの切開がはるかにキレイな傷跡で治癒することとは対照的でした。 レーザーという名前が魔法のイメージを患者様へ付けてしまったようです。 今では包茎手術をレーザーを使用して行うナンセンスな方法を採用しているクリニックはほとんど見当たりません。フォトRF、ポラリス、サーマクール、フラクセル、スマートリポ、スレッドリフト・・・・新しいシステム、新しい治療が続々出てきました。 医学部卒業後、すぐに開業した医師がこれらのシステムや治療法をいきなり導入して治療を始めます。まるで最新機器のカリスマドクターのごとく。その結果は言うまでもありません。どんな治療も長期予後が重要です。その場が良くても将来、問題を生じる治療であってはいけません。新しい治療技術取得には時間も知識も経験も必要です。 患者様から先生のところは○○治療はどうして行わないの?とよく尋ねられます。○○もできないのですか?とも尋ねられます。経験が無かったり、技術や知識が不十分な時は、当然ですが私はできません。その治療が日本である程度、認知され副作用や予後がはっきりするまではすぐに飛びつくことはありません。医療において利益優先の考えであれば早い者勝ちです。なんでもかんでも治療を行っている医療機関や美容外科医が優れているのでしょうか? 医療サービスはディスカウント店でもデパートでもないのです。 患者様個人に合わせて治療を提供しその後もケアする必要があります。どんな手術でもパーフェクトにできる医師が果たして本当に存在するのでしょうか?どんなトラブルにも対処できる能力を持った美容外科医がはたしてどの程度の割合でいるのか疑問です。 中途半端な知識と技術で患者様へ医療を行う医師がいないことを願います。
2019年06月08日

美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No11

Reading Time: < 1 minute

未経験の医師がいきなり美容外科医に最近、全国的に美容外科クリニックの開業ラッシュです。

一般的に内科や外科を開業するまでには最低でも10年の臨床経験が必要になります。 専門医として症例の経験や基礎手技を学ぶに最低限必要な期間です。 ところが、美容外科では、わずか1-2年の臨床経験でいきなり開業するケースも少なくありません。短期間の臨床経験で開業してしまう医師は、大手美容外科クリニックに勤務していた医師が多いようです。 なぜでしょうか? これは大手美容外科クリニックのほとんどがしっかりした研修システムが確立されておらず、手技習得や学術研究、しっかりした臨床経験が出来ないからです。 こんなものか。 簡単に手術できるな。 適応なんか何でもいいんだ。 患者がクレームを訴えなければ全て手術は成功だ。 とりあえず麻酔してメスを入れればいいんだ。 と極めて安易な気持ちで美容外科手術を始めます。そこには患者様への医療サービスというより利益を優先にしたビジネスのみが際立っているのです。たった、数十分の手術で100万円単位の手術費用を得ることができると金銭感覚まで麻痺してしまうのです。 広告やカウンセリングのノウハウさえ習得すれば、学術的考察や手術手技、トラブルの処置などは二の次。1-2年で自称 カリスマ美容外科医の誕生です。自ら天才美容外科医と名乗りメディアへも登場。驚いたことには臨床経験1-2年の自分の経歴を堂々とHPへ掲載されている医師もいます。どんな天才でもどんな器用な医師でも臨床経験 1-2年で美容外科クリニックを一人で開業できるほど美容外科は低レベルの学問でも医療でもありません。とても残念な話です。 さらに、内科のみの臨床経験しかない医師が開業とともに美容外科診療を取り入れ、それまで施術したことがないボトックスの注射やコラーゲン注入、プチ整形、スレッドリフト、フォトRFなどを経験豊かな医師のごとく行うケースも実際に少なくありません。 簡単に見える施術や手術ほど奥が深く慎重に行わなければならないこともあります。治療の適応や万が一、トラブルが起こった時の適切な処置ができることが絶対に必要なのです。当然、いきなり美容外科医になった医師には無理な話です。 美容外科医として開業して繁盛することと、美容外科医として優れていることは全く別問題です。美容外科医は常に勉強し技術向上に努め、自分の出来る範囲で慎重に患者様へ医療サービスを行うことが大切なのです。 自称、美容外科医には十分ご注意ください。
2019年06月08日

美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No10

Reading Time: < 1 minute

ワキガ・多汗症手術のトラブル

効果が無くてもトラブルが起こっても、顔と違い泣き寝入りでも済まされるのを前提にワキガ・多汗症手術が行われている現状があります。 ワキガ・多汗症手術は保険が適応になる手術ですが、一般的には手術後には入院をして術後のケアを行います。なぜ、入院まで必要でしょうか? ワキガ手術自体は、専門医にとって簡単なものです。 しかし、術後の安静、ケアが他のどの美容外科手術より重要です。 皮膚を一度剥がして、裏側から臭いの腺であるアポクリン腺、汗の腺であるエックリン腺、黄ばみの原因である皮脂腺を削除するため皮膚へは大きなダメージが加わります。このケア無しでは手術の成功とは言えません。 つまり、皮膚移植と同じ状態の剥がした皮膚を再度、生着させる必要があります。 少しでも安静を保てないと皮膚が浮いて内出血が起こり、その上の皮膚は壊死を起こします。 ワキガ・多汗症手術は可能であれば術後1週間は安静が必要です。少しでも動いて内出血でも起こすと大変です。 全ての美容外科手術の中で最も壊死が起こりやすいリスクの高い手術です。 壊死を起こした患者様の患部は醜い瘢痕が残ります。この傷跡に悩む女性患者様を数多く診察してきました。 ワキガ・多汗症手術の傷跡を知っていれば患者様は絶対に手術を受けなかったと思います。 このリスクの高いワキガ・多汗症手術を日帰りで通院無しで行うことは医学的に不可能です。 簡単・完全・すぐに日常生活が送れる効果的なワキガ手術は絶対にありません。 どんな上手な専門医が丁寧に手術を行っても100%臭いが無くなることは困難です。 こういったリスクを手術前にしっかり患者様へ説明することは当然の義務です。 残念ながら多くの美容外科では手術のメリットのみを強調してリスクを十分説明していないようです。 吸引法では満足な効果もほとんど期待できません。超音波で確実に治療することも困難です。 患者様の身体に傷をつけるだけで効果が無いワキガ手術を行い、高額な手術費用を要求する美容外科医。 見えない場所だからクレームになりにくい、手術内容が内容だけにクレームになりにくいという患者様の弱みに付け込んで強引に手術を勧める美容外科医の存在には驚きます。 美容外科医は効果だけでなく傷跡の管理もしっかりする義務があるのです。 全く傷跡が残らない、効果的なワキガ・多汗症手術は存在しないのです。
2019年06月08日

美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No9

Reading Time: < 1 minute

脂肪吸引のトラブル

効果が無くてもトラブルが起こっても、顔と違い泣き寝入りでも済まされるのを前提に手術が行われている現状があります。 同一人物の同一部位において、吸引する量が医師によって2倍以上違うような事はザラです。医師の技術の差が大きすぎ、たぶん全ての美容外科手術の中で 最大です。それは脂肪吸引が 目や鼻の美容整形手術とは 全く違う手術ですし、 豊胸手術と違い、 位置や感触が問題にされず、 とにかく細くなるかに主眼が置かれるからです。 しかし、それは主観的なものですから、ちょっとしか脂肪を吸引してくれなくても、 ちょっとは細くなるのは事実ですし、それで患者が文句を言っても、 貴女は筋肉が太いのでこれ以上は無理とか、 少しは脂肪を残さないと女性らしい肢体にならない等と言われて、ここでも追い返されてしまいます。 つまり全くダメな医師でもマネ事をさせても通用する分野なのです。 経験の少ない医師が行うもっともゴマカシができる美容外科手術と言っても過言ではありません。 術後の強烈な痛みと内出血、腫れと実際の効果を知ると半分以上の患者様が脂肪吸引を行わないと考えます。特に下腿は、腫れが出やすく、腫れが引いてから数ヵ月後、凸凹になりこの醜い痕に悩む患者様は数多く存在します。 医師が複数いて営利最優先のクリニックでは、 美容外科をはじめて1年以内の医師が担当医しているケースもあります。 美容外科医として18年目の私が自らの経験不足と自信のなさで脂肪吸引は行っておりません。私は、脂肪吸引を100%満足させる結果では行えないため手術は行っておりません。 医学部卒業後1年目の自称 美容外科医が簡単ですと患者様へ伝えて脂肪吸引を行っている現実をどのように捉えればよいのでしょうか? 豊胸手術・フェイスリフトと並び美容外科のドル箱と称される手術です。 美容外科医はわずか、1時間ほどで100から200万円の手術費用が獲得できるのです。 また、死亡事故も数多く実在しています。 吸引管を誤って腹膜を穿孔して腹膜炎で患者様が死亡したり、多量の脂肪を一度に除去する無理な脂肪吸引を行い、循環不全で死亡したりする事故が現実に起こっているのです。 脂肪塞栓という吸引している脂肪が血管へ入り込み肺の静脈を詰まらせたり麻酔中の事故が発生したりかなりリスクを伴う手術であることは前もって理解する必要があります。 手術の効果と安全性を強調する医師には絶対に受けるべきではありません。 簡単に脂肪吸引でダイエットできると考えてリスクや術後の状態を考えず手術を受けて後悔する若い女性があとを絶ちません。
2019年06月08日

美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No8

Reading Time: < 1 minute

鼻の手術のトラブル

1.隆鼻術:

プロテーゼを使用するのが一般的ですが、患者様の状態に応じて材料の加工を十分に行ってないと上手くフィットせず、 ずれたりヘリが目立ったりします。 骨膜の下に上手くポケットを 作って入れないとグラグラ動きます。  また鼻の手術と言えば何でも 隆鼻術にされる傾向に あるのも問題です。 実は隆鼻が一番手術が簡単で見た目の結果を出しやすく短時間でお金が取れるものだからです。経験の少ない美容外科医が、既製品のシリコンプロテーゼを加工も行わずいきなりインプラントすることがあります。鼻の高さや形状が不自然になったり皮膚を突き破って出てくる例もあり経験豊かな専門医に手術を受けられることをお勧めします。 最近ではプチ整形でヒアルロン酸注入で鼻筋を通すことも行われていますが、医師の腕にも効果は大きく左右されます。コラーゲン、ヒアルロン酸以外の異物を効果が長期に持続するからと言って注入を行うクリニックもあります。異物は将来的に問題が生じる可能性もあり要注意です。どういった素材を注入されたのか事前に説明を受けるべきです。  

2.鼻尖縮小:

これも鼻孔内切開だけでキチンと効果が出せる医師は半分もいないでしょう。軟骨を縫うだけでなく鼻の皮下の脂肪や軟骨をキチンと処理できているかが問われます。 鼻孔内切開ではよく見えないからと オープン法で鼻の穴と穴の間を横に切って中を 良く見てやるという医師がいますが、 こういう医師は美容外科医失格です。傷は目立ちますし、患者はこの傷に悩んでいます。少し前の韓国などでは当たり前に行われている手術ですが、美容外科先進国 日本ではありえない手術法です。 自家軟骨を自分の耳から採取して鼻先に埋没させる方法もとられることがありますが、耳に傷が残り、インプラントされた鼻先には変形や癒着が起こり、効果も確実ではないため、良心的な美容外科医では自ら患者様へお勧めすることはないと考えます。  

3.鼻翼縮小:

これは外を切りますので縫合の テクニックに高度のものを要求されます。 それは縫い合わせる傷の長さが違うからです。皮下の軟部から歪まないように縫合して行き、引きツレたりしないようにも注意を要求されます。 クリニックの中には、外を切らず中だけの切開で鼻翼縮小をすると広告しているところがありますが、事実上全く変化ないか、本来内側のみ詰めると鼻翼の張り出しは増強し、いびつな形になるものです。 慎重に手術を選択したり十分な患者様への説明が必要な手術です。よほどの覚悟が無ければ行わないほうが良いでしょう。  

4.整鼻術:

鼻骨を骨切りして形を整える手術ですが、これもまともに行える医師は少数です。よく骨を切るほどではないから、削りだけで行きましょう。と説明する医師がいますが、鼻の骨は薄い板状の骨で削る対象ではありません。実際の手術と医師が説明する手術内容と異なることもあり要注意です。 こういった骨に対するアプローチが出来る美容外科医は10年以上の経験が必要で、大手美容外科で見よう見真似の手技を習得した医師では出来ないことは言うまでもありません。 鼻の手術はオプションを加えると収益が上がるためいろいろ手術を追加する美容外科医がいますが、出来ること出来ないこと、結果の保証を前もってはっきり約束する美容外科医だけに手術をご依頼されたほうが良いでしょう。
2019年06月08日

美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No.7

Reading Time: < 1 minute

悪徳美容外科医の例 ケース3

死亡事故。医療ミス。整形失敗。 美容外科医が起こす医療事故はかなり大きくマスコミが取り上げられるケースが多いようです。 保険診療と異なり、美容外科診療には患者様の主観が入り込み、整形失敗という明らかな医療事故は実際、少ないようです。 しかし、死亡事故は別です。 ある美容外科では、外科や美容外科経験のほとんど無い医師を積極的に採用します。 普通は臨床経験豊富な医師が優遇されるべきですが。 実は、ある美容外科は低価格を売りに患者様を集客し、流れ作業的に手術をするクリニックだったのです。 一人の患者様に対してゆっくりカウンセリング時間を取り、丁寧に経験がある専門医が美容外科手術を行うことは収益的にマイナスになるという判断で、未経験にちかい技術で流れ作業のように雑に手術を行う方針なのです。 臨床経験豊富な医師は当然、こういった診療には疑問を持ちますが、ほとんど臨床経験の無い医師は、こういった診療が当然のように考えてしまいます。 つまり、流れ作業で行う雑な手術が本来の美容外科手術と考えて安易に行っているのです。 二重まぶたが2万円台、豊胸 22万円 などと驚くような低価格で集客して手術を行っているクリニックです。 二重まぶたの手術が一般的な相場から言って驚異的な価格であることは専門医の私が考えても疑問です。 手術を受けられる患者様へのカウンセリング、準備、手術、アフターフォロー、保証を考えると原価を割っています。 これで本当の医療は受けることは出来ません。 このクリニックの大手だから安心、最高級の安全・安心というキャッチコピーにも疑問があります。 私はこの美容外科で手術を受けられた患者様のやり直しの再手術を数多く行っています。手術手技の稚拙さは、患者様の術後の状態をみても明確です。 実は、この美容外科クリニックは過去に死亡事故を起こしマスコミが大々的に取り上げたことがありました。 医学部卒業後間もない勤務医師に、ワキガの手術を行わせました。 外科での研修や医学的基礎知識に乏しいこの医師は、患者へ致死量の麻酔薬を注射したようです。 患者様は、注射後麻酔薬中毒で死亡。 緊急時の対処方法もわからない医師だったことが患者様のご不幸を招きました。 局所麻酔薬ショックは10万人に1例の割合で発生する可能性があるといわれています。 適切な処置を行えば救命できることもあります。 このクリニックのケースは患者様の体質ではなく医師側の能力に問題がありました。 流れ作業で経験無い医師では、こういったトラブルに一切対処できません。 この美容外科クリニックの医師たちはほとんど美容外科学会への出席も発表も行いません。学術交流で新しい手術手技や考察は自分達の流れ作業的手術に支障がでるのでしょうか。 当然、この美容外科クリニックには学会が認定しました専門医は一人もいません。 死亡事故を起こしたにも関わらず低価格手術費用を売りにこの美容外科クリニックが現在も益々の発展を遂げている事実には驚きます。 美容外科医として18年目になる私が、美容外科手術は慎重にと唱える中、大学医学部卒業直後に大きな手術を簡単と患者へ伝えて執刀する某美容外科医師。 患者様の権利を守り、美容外科医の社会的に認識されるためにはこういった医師たちは排除されるべきと考えております。
2019年06月08日

美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No.6

Reading Time: < 1 minute

悪徳美容外科医の例 ケース2

『ヒト成長ホルモン』 この言葉をご存知ある方は多いのではないでしょうか? 成人にどうしてヒト成長ホルモンが必要なのか? 【HGH】(ヒト成長ホルモン)は「脳下垂体」から分泌され、このおかげで私達の体は大きくなり、大人の体格までに成長します。しかし、15~20才をピークにして低下し始め、40才では20才時の40%、80歳では5%にまで低下します。この分泌低下が、老化の原因の一つであったわけです。 この10年ほどの 【抗老化医学】 の進歩により、この 【HGH】(ヒト成長ホルモン)の分泌を高める(若い頃のレベルに戻す)ことで私達の体に「若返り」の効果、つまり、体力・筋力・精力・免疫力の向上・肌のシミ、シワの減少・毛髪の活性化・気力の充実・記憶力の向上・・・ さまざまな「老化現象」の改善効果があることが臨床治験等により確認されています。 もう一つ、【HGH】(ヒト成長ホルモン)の大変重要な働きがあります。 私達の体の中でつくられるすべての「ホルモン」の中で最もパワフルであり、他のホルモン(エストロゲン・メラトニン・甲状腺ホルモン・・)の生産と分泌を促し、それぞれのホルモンレベルを最適に保つように働きかけます。 さてこんな素晴らしいヒト成長ホルモンですが、アンチエイジング治療として実際治療を受ける効果は大きいのでしょうか?リスクは無いのでしょうか? ヒト成長ホルモンは日本では内分泌専門医がアンチエイジング治療を担うケースは少なく美容外科医や形成外科医が安易にヒト成長ホルモンを乱用している気がします。 私の患者様で東京のある美容外科クリニックで半年間で600万円の治療費用を支払いヒト成長ホルモンの注射を受けてアンチエイジング治療を行っていた65歳の男性がいました。 この治療をストップしてから、体験したことが無いような脱力感・疲労感に苛まれ仕事にも支障がでるようになりました。 何とかして欲しいとの訴えでしたが、なかなか改善することが出来ませんでした。 この美容外科では一切のリスクを説明せず、筋骨隆々になり性行為も若い男性同様可能という謳い文句で患者様へヒト成長ホルモンの注射を勧めていました。 このクリニックの経営者は、長者番付常連で医師というよりまさに経営者・ビジネスマンでした。収益第一主義。医療をビジネスとして捉え患者様本位の医療は行わない方針を貫いていたようです。 たしかに、このクリニックでヒト成長ホルモン注射を始めて数ヵ月後には明らかに腹筋が分かれているように筋肉が増強したのです。 ヒト成長ホルモン注射の長期投与には現在では、悪性腫瘍発生・増大のリスクを高める可能性、投与終了後の全身倦怠感などの副作用が考えられています。 内分泌専門医も慎重論を唱える中、美容外科医・形成外科医が不十分な知識でメリットのみを強調して行うアンチエイジング治療に私は大きな疑問を持っています。
2019年06月08日

美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No.5

Reading Time: < 1 minute

悪徳美容外科医の例 ケース1

美容外科医にはどんなイメージがありますか? 高額所得者、脱税、金満生活、芸能人との交友・・・ 時々、メディアが美容外科医が起こす事件を大きく報道するため美容外科医のイメージがかなり社会的に保険診療を行う医師たちと異なるイメージが創り上げられています。 脱税、猥褻、覚せい剤、死亡事故・・・ 実は、こういった犯罪を起こす確率は美容外科医だから高いわけではありません。 社会の人口比率から考えても変わらないのです。 真面目で勤勉で患者様のことを考えた診療を行う美容外科医も決して少なくありません。 ニュース性が高くより注目を集めるため美容外科医が起こす事件、トラブルにはメディアが過剰に反応して面白おかしくテレビ、雑誌などで取り上げられることが多い気がします。 しかし、犯罪に手を染めたりとんでもない悪行を行う美容外科医が存在していることも事実です。 形成外科出身のI医師はアンチエイジング専門医としては有名な存在でした。 関東の私大医学部を卒業後、形成外科医として働いていましたが、途中から某カツラ企業の顧問的存在となり診療所を任されることになりました。 もともとの移り気な性格から診療に対しての意欲もなくデタラメナ診療を行い、クレームが殺到してフライデーで悪徳医師としてフォーカスされたこともありました。 その後、形成外科医、アンチエイジング専門医師を売りにして某セミナー会社が行う講師として講演したりしていました。 メディアでの露出も多く、名医?として活躍されていました。 ヒト成長ホルモンのセミナーでは、ヒト成長ホルモンの密輸を示唆しそのデタラメで違法な内容にセミナー参加者が激怒してセミナー会社とI医師に詰め寄るといったパニックになりました。私もこのセミナーに参加しておりましたが、前代未聞の出来事でした。 I医師は内分泌専門医でもなければ、しっかりしたヒト成長ホルモンの投与知識、技術の習得していなかったのです。それどころか厚生労働省も認可しておらず、米国でも投与に規制があるヒト成長ホルモン製剤の違法な密輸を自慢していたのです。 アンチエイジングに欠かせないホルモン補充療法ですが、形成外科医や美容外科医が片手間に行えるほど簡単ではありません。 こういった資質の医師をセミナー講師と招き高額なセミナー費用を要求する企業にも問題がありました。 この後、形成外科の大御所であるO医師がI医師の後始末セミナーを後日、行うことになりました。O医師のような多くの医師から尊敬され 素晴らしい実績、経歴を持つ医師が、I医師を支援することは理解できません。 その後、I医師は共同経営する勤務先の医師ともめてクリニックを追い出され、エステサロンオーナーが経営する怪しげなクリニックの常勤務医師となり覚せい剤乱用で逮捕されました。 I医師はアンチエイジング化粧品会社の顧問もしていました。 I医師は逮捕前にはすでに自己破産宣告をしており、多くの同業医師から詐欺まがいの行為で金銭を集め自らの道楽に使用していることが発覚しました。 医師としての勤務中に覚せい剤を使用していた疑いがあるのです。 形成外科認定医としての美容外科医を売りにしたI医師の末路です。 覚せい剤で逮捕されたI医師ですが、医師のライセンスはおそらく剥奪されないでしょう。数ヶ月、数年後には過去の診療と同様にメスを振るったり、ホルモン補充療法をどこかのクリニックで行っているかもしれません。
2019年06月08日

美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No.4

Reading Time: < 1 minute

高額な美容外科手術

私のクリニックには時々、想像を超える高額な美容外科手術を要求され手術を受けて結果が思わしくなく再治療を希望されて来院される患者様がみえます。 二重瞼で120万円。 全く効果がないばかりか、傷をつけられただけ。 埋没法では10万円前後が美容外科手術費用の相場です。 Aというクリニックではどの手術も高額な治療費用を患者様へ要求します。 広告では相場どおりの手術費用が掲載されています。 鼻のプロテーゼによる手術では250万円。 貴方の目は特殊だから、貴方の瞼の手術はすぐしないと垂れてしまい大変なことになる、特別に有名で二重瞼専門の先生が本日お越しになっているから特別に今すぐに手術を受けることができる。これを逃したら大変、後悔することになる。などいろいろな理由を付けて強引に手術を薦め高額な手術費用のローンを組ませる。 医療とはかけ離れた行為。 このクリニックは過去には美容外科手術の麻酔管理の失敗で患者様を植物状態にして問題になったクリニックです。 芸能プロダクション提携クリニックという派手な広告で集客しほとんど美容外科手術経験のない医師に手術を行わせる。 カウンセラーという医療資格を持たないスタッフが患者を心理的に追い込み当日手術へと誘い込みます。 まるで催眠術をかけられたかのように高額なローンを組んで手術を受けることになる患者様も少なくありません。 美容外科手術はよほどのことがない限りカウンセリングとは別の日にしっかり準備をして受けるべきです。 当日手術には、患者を逃さないというクリニック側の意図があります。 当日手術には患者様サイドのメリットはありません。 美容外科手術を受ける前にゆっくり本当に自分にとって手術が必要かどうか再考してください。 緊急性のない美容外科手術はゆっくり納得してからでも遅くはありません。
2019年06月08日

美容外科・美容皮膚科 トラブルの実態 No.3

Reading Time: < 1 minute

男性性器手術のトラブル 形成外科専門クリニックの不可思議。

陰茎の手術は形成外科の看板の元に行なわれています。 そこでは手術台に乗せられ、カウンセラーと称する男性スタッフに、粗チンと辱められながら、男性器を大きくするにはコラーゲンを20本位打たないとダメだと言われて15万円と思って包茎手術を受けに行ったのに手術台の上で200万円のローンを組まされるようなことが公然と行なわれている実態があります。 これは新聞・雑誌など多くのマスコミで大きく取り上げられたことでもあるのに改善されていません。患者心理として自分の恥さらしなので公に出来ないからです。 つまり泣き寝入り状態です。 私のクリニックにも包茎手術をUクリニックで275万円の手術費用ローンを組まされて受けてしまった学生が相談に来院されたことがありました。 私の顧問弁護士が依頼主の学生が手術後の状態が思わしくないため診察をして欲しいとの以来でした。 また、275万円の手術費用が適切かどうかの見解を求められたのです。 陰茎の一部には過剰に注入されたコラーゲンがシコリとして残り、縫合された部位は開いて部分的に壊死を起こしている状態でした。 あまりにも雑な手術手技に驚きました。 このクリニックでは通院不要をうたい文句にしていました。通院不要は手術後はどうなっても知らないよ、と医師から言われているようなものです。患者様サイドのメリットは一切ありません。良識ある医師であれば術後の患者様の状態は気になるはずで術後ケアも必要です。溶ける糸は傷跡をキレイにすることを考える美容外科医では使用しないでしょう。 手術に責任を持つ医師は必ず術後のケアのための通院をお薦めします。 結局、この学生は2週間の通院で大事には至りませんでしたが、手術費用の返金には至りませんでした。 陰茎の手術は、包茎とは別に長茎増大手術(長く太くする手術)というのがありますが、陰茎は奥の方でしっかり固定されてますから、手前の2種類の靭帯を切ったところで前方に引き出すことは出来ません。 また増大手術は組織壊死を起こしたり醜形を呈しますので奨められません。 陰茎専門クリニックとして包茎・長茎増大手術のみを行なうところは美容外科医としてのトレーニングを十分積んでいない医師がほとんどで要注意です。 包茎手術は高すぎても安すぎても問題があります。 ある大手美容外科クリニックではアルバイトの医師にクランプ法という雑で安易に行う手術法で流れ作業的に行っています。 手術費用は安いのですが、手術痕も醜いものです。 手術には適正価格があります。 納得できない治療費用には疑問を持ってください。

© 2022 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.


フリー

無料ご相談

診療内容

料 金

アクセス