半導体レーザー照射

その他のケア 半導体レーザー照射
“100%” height=”auto” class=”alignnone size-full wp-image-30338″ />
半導体レーザー照射
半導体レーザーを照射することで自律神経機能を高めることが可能
「メディレーザソフトパルス10」は、より深部へレーザー光を伝達させるためピーク出力10Wのパルス照射とともに1Wの平均出力を保持し深部までレーザー光を伝達します。

照射方法は従来装置同様にファイバー光学系を採用し、高出力で均一な出力分布が得られます。
パルス波による高出力照射
生体内ではレーザー光は急激に拡散してしまうので、より深部に伝えるにはレーザー出力を上げる必要があります。しかし出力を上げると体表での熱作用も強くなります。「メディレーザソフトパルス10」はレーザー光をパルス照射することで発熱に関与する照射エネルギーは従来装置同様の1J/秒に抑えながら、10Wの高いピーク出力の照射を可能にしました。
パルス照射の生体透過性
生体内ではレーザー光の分布は図のように散乱と吸収により深部に行くほどレーザー光強度は急激に小さくなってしまいます。「メディレーザソフトパルス10」は10Wのレーザー素子を高速スイッチングすることで十分なレーザー光強度での照射エネルギーの伝達を実現しました。レーザー光を断続的に照射することで、冷却時間を作り不要な熱の発生を抑えて十分な強度のレーザー光を生体深部まで導きます。
保険適応外の自費での治療となります。
10W半導体パルスレーザー治療器(メディレーザソフトパルス10 : MLD-1006)
医療機器承認番号 21800BZX10102000
メーカーである持田シーメンスメディカルシステム株式会社より国内医療機器販売法人スズケン株式会社からの入手
承認医療機器  医療機器承認番号 21800BZX10102000になります。
当院では当医療機器を使用して患者様への治療の有効性やリスク等すべての情報を患者様へ口頭及び書面で説明して カルテに記録し定められた方式に従い徹底した医療機器管理を行っております。
発赤

参考論文:変形性頚椎症、頚椎ヘルニアの上肢痛に対し星状神経節に近傍半導体レーザー照射療法は有効である(SRQ-Dによるレーザー治療の評価)
§ 雄一 篠田 § Published 15 July 2008
§ Medicine
§ THE JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR LASER SURGERY AND MEDICINE
星状神経節近傍への照射
低出力の半導体レーザーには「筋肉・関節の慢性非感染性の炎症による疼痛を緩解」する効果があります。
臨床的には、
  • 関節痛、打撲、捻挫、リウマチ
  • 筋性頭痛、三叉神経痛、後頭神経痛
  • 肩こり、五十肩、背痛、腰痛
などの痛みに応用されています。
その作用機序については未だ不明な点が多いものの、光としての作用が生体を正常な状態に戻すことにより痛みを緩解すると考えられています。

腱や靭帯の慢性炎症や痛みにも有効です。星状神経節近傍への照射は、過緊張を改善することが確認されています。

老化とともに自律神経の機能が低下していきますが、この機能を高めることで老化を防ぎエイジングケアが可能です。生体機能のほとんどをコントロールしている自律神経を向上させることが、エイジングケアになることがわかってきました。

皮膚科学会でもアトピー性皮膚炎の治療として行ないストロングクラスのステロイド軟膏を使用した以上の治療効果が報告されて注目を集めています。 半導体レーザーを星状神経節近傍へ照射することでホメオスターシス(恒常性)を得ることができる、生体機能の崩れたバランスを整えます。
料金
初診料 3,000
3,300
1回 5分間 3,000
3,300
※単位は¥です。
よくあるご質問

© 2022 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.


フリー

無料ご相談

診療内容

料 金

アクセス