二重まぶた

美容整形 二重まぶた
二重まぶた
二重まぶたの手術法/30年以上の経験と実績
大切な目を綺麗にするためには、長年の技術と経験を持つ医師から、手術を受けることをお勧めしています。 30年以上の経験と実績のある院長が、二重まぶたの施術を行っています。 海外での施術は担当医の経歴不明、保証無し、雑で不衛生な手術、細かい配慮もないことが報告されています。 生涯悔いが残らないような医療機関の選択を行ってください。
二重まぶたの手術法
院長 末武信宏が執刀
生涯で1回の治療ですから、納得いく手術を受けていただきたいと考えております。 院長が学術集会で発表した手術法で、術後すぐ他人に会っても不自然な二重まぶたと思われません。
  • 埋没法(両目)
  • 埋没法 + 一部カット法(両目)

傷跡はほとんど分かりません。通院は不要です。 保証制のため、術後にご心配なことがございましたらご相談ください。
痛みを抑えたケア
二重まぶたの施術時に、患者様の痛みが少なくなるよう麻酔薬を瞼に注入する際は34ゲージの針を使用します。
笑気麻酔のご用意もございます。
痛みが少なくスムーズに注入が可能となりました。 たかが針と思われるかもしれませんが、わずかな太さや切れ味で注射時の痛みが異なります。痛みが半分以下になったといってよいほどです。 内出血のリスクも少なく、施術を受けていただけるようになりました。
症例写真

Before

After

10days later
費用 リスク・副作用
120,000(132,000) 内出血の可能性があります。

Before

After

9 months later
費用 リスク・副作用
178,000(195,800) 内出血の可能性があります。
料金
埋没法(両方) 120,000
132,000
一部カット法(両方) 178,000
195,800
※単位は¥です。
※治療は、自由診療(保険適応外)です。
リスク・副作用・合併症
二重まぶた手術のリスク、頻度の高い合併症は、術後の内出血です。
内出血の可能性は20%程度で術後から出現する場合と術後数日後に出現する場合があります。
極力、内出血が起こらないよう、特別な細い針で丁寧に糸を通しても、針が皮下組織の血管に当たり、内出血を生じてしまいます。

内出血は消えるまで1~2週間かかりますが、術後3日目から目の周りのアイメイクをすることができるので、ファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。当日の多量飲酒で内出血が出現することもあり、注意してください。

感染に関しまして、抗生剤点眼を術前から行いますので過去に感染によるトラブルはほとんどありません。

腫れは2~3日で80%ほどが減少して1週間ほどで残りの20%引くといった経過をとることが多いようです。個人差があり長期間、アイプチやアイテープを使用してまぶたに炎症があると腫れが残りやすくなります。

当院では結膜面をすくって糸を角膜に絶対に触れない方法で行うため、角膜への障害や眼球へのトラブルは報告ありません。

コンタクトレンズ使用とアイメイクは3日間禁止ですが洗顔は当日から可能です。上瞼を強くこすることは3日間控えていただきます。
よくあるご質問
モニター募集
施術前後の写真撮影や施術中の動画撮影、およびWEBサイトでの公開のご協力を頂けることを条件にモニター価格で治療をお受けいただけます。

© 2021 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.