小顔(エラ)

美容整形 小顔(エラ)
小顔(エラ)
筋肉のコリが原因
骨が原因でエラが張っている方もいらっしゃいますが、大半は筋肉のコリが原因です。エラと大きく関係する筋肉(咬筋・こうきん)があり、口を動かすときに使う筋肉です。
注射によるエラ治療

marking.01
筋肉の量に応じて5箇所の注射をおこないます。

marking.02
筋肉量が少ない場合は3箇所の注射をおこないます。

注射
適量を注射していきます。
 
治療時間 通院 疼痛 副作用
5分程度 必要なし なし 稀に内出血することがあります。
エラ治療の効果
効果は1ヶ月後くらいから
筋肉が萎縮して小さくなるまでには、1カ月以上かかります。 機能には支障ありません。 咬筋が完全に萎縮したとしても、側頭筋が働くため口が動かなくなったり、物が噛めなくなることはありません。 注射の持続期間は半年程度ですが、筋肉が委縮するため効果は長期にわたります。 より効果を持続させるために、2回目の追加をするといいでしょう。
症例写真
Before
After
費用 リスク・副作用
1回 80,000(88,000) 内出血の可能性があります。

Before

After
費用 リスク・副作用
1回 80,000(88,000) 内出血の可能性があります。
料金
小顔(片エラ) 40,000〜75,000
44,000〜82,500
※単位は¥です。
※治療は、自由診療(保険適応外)です。
リスク・副作用・合併症
針が皮下組織の毛細血管に当たると内出血することがありますが、1週間程度で目立たなくなります。 メイクでカバーしていただければ問題ありません。 内出血が起こらないよう、冷却しながら極細の針で注射後、直ちに圧迫します。 エラの治療で使用する量では身体全体への影響は考えられませんが、妊娠中の方・筋委縮性疾患・悪性腫瘍の治療中の方は治療を受けることができません。 基本的に治療効果は半年以内に消失するため、長期に合併症が残ることもありません。
よくあるご質問
モニター募集
施術前後の写真撮影や施術中の動画撮影、およびWEBサイトでの公開のご協力を頂けることを条件にモニター価格で治療をお受けいただけます。

© 2021 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.