傷跡・手術跡

名古屋で傷跡・手術跡治療なら さかえクリニック

肌のケア 傷跡・手術跡
傷跡・手術跡
新しい皮膚に入れ替える治療
Fractional Resurfacing(フラクショナル リサーフェイシング)とは、1回のレーザー照射で、1c㎡あたり100~1000ミクロ単位以上の微細な照射をする事で皮膚のコラーゲンを活性化させ、肌の回復を促し、新しい皮膚に入れ替える治療法です。 傷跡・手術跡などを改善するレーザーシステムとして注目されています。
Fractional Resurfacingは新しいシステムで皮膚を入れ替え、シワ・シミをも取り除いて美白効果まで期待できる、皮膚回復の基本を担うレーザー概念です。肌のメカニズムをうまく利用し、本来持っている回復能力を促進する治療法です。
傷跡・手術跡、老化や紫外線によってダメージを受けた肌を刺激します。 肌を回復させるレーザーは “皮膚を剥離(はくり)するレーザー”と “皮膚を剥離しないレーザー“に分類されますが、双方メリット・デメリットがありました。皮膚を剥離するレーザーは肌の回復を促進する半面、長期的治療とダウンタイムを伴います。 しかしFractional Resurfacingは皮膚を剥離せずに1c㎡あたり1000ミクロ単位以上の微細な照射をする事で、皮膚を入れ替えコラーゲンの回復を促すという治療で、より確かな効果を引き出す魅力的な治療法として期待されています。このシステムは、幅広い皮膚治療に効果的です。 Fractional Resurfacingは短時間に肌を回復する概念の施術で、傷跡・手術跡、皮膚の凹凸などを、治療することができます。 施術期間と回復期間が短いだけでなく早い回復速度と肌の改善を期待できます。初回の施術でも十分な効果が実感でき、施術後の日常生活に差しつかえありません。
過去に美容外科治療を受けられトラブルや後遺症、傷跡でお悩みの患者様へ
当院では順天堂大学医学部大学院で創傷治療の研究を行う院長の末武信宏が、美容外科治療の術後のお悩みにお答えします。 他院での美容医療を受けられ満足な結果が得られなかったり、美容外科手術で醜い傷跡が残ってしまったり、治療後の経過が思わしくなかったりする状態でお悩みの患者様へご相談・診療を行っております。 傷痕治療には保険が適応されたり、医療費控除が適応される場合もあります。 できる限り医学的に肉体的・精神的・経済的ご負担にならない診療を行っています。お気軽にご相談ください。
3種類のフラクショナルによるレーザーシステムを導入
こんなお悩みの方に
傷痕・手術跡​が残ってしまった
ニキビや外傷による皮膚の凹凸​が気になる方
皮膚壊死が起こった方
美容外科手術・ワキガ手術による手術痕
ワキガ治療機器による治療痕​
フラクショナルによる治療の効果
グロースファクター導入+レーザー照射とグロースファクター効果
これまではレーザー単独での治療が主となっていましたが、当院ではグロースファクターや各種ビタミン、抗酸化剤を導入し、レーザーだけの侵襲に頼らない効果的、ダウンタイムが少ない治療を行います。 フラクショナルによるレーザー単独の治療はリスクもあり痛みや赤みが継続する期間が長くお勧めできません。
グロースファクター導入+レーザー照射が効果的な標準療法です。
レーザー照射後、グロースファクターを塗布した場合、としなかった場合の症例です。
グロースファクターを塗布した場合は頬の赤み・痛みなどが軽減します。
症例写真
傷痕
治療回数 費用 リスク:副作用
6回 1回30,000(33,000) 一時的な赤み・痂疲
治療回数 費用 リスク:副作用
6回 1回20,000(22,000) 一時的な赤み・瘡蓋2日目
手術跡
皮膚壊死
治療回数 費用 リスク:副作用
1回 80,000(88,000) 副作用:一時的な腫れ
料金
初診診察・カウンセリング料 診察・カウンセリング料は保険・医療費控除の適応になります。ご相談ください。
部分1回 20,000
22,000
※治療範囲によって費用は異なります。
※単位は¥です。
※治療は、自由診療(保険適応外)です。
※カウンセラーによるカウンセリングのみは無料です。
※交通費(公共交通機関による)と治療費は全額医療費控除の対象です。
傷跡・手術跡情報 no posts!

© 2021 名古屋市の美容外科・皮膚科・形成外科なら [さかえクリニック]. All rights reserved.